FC2ブログ

Pinar del Rio へ

 2020-01-05
お世話になったハバナの友人のいとこは、ハバナから156キロほど離れたPinar del Rioという町に住んでいる。そのいとこがハバナに来る場合は、キューバ人向けのバスで5時間はかかると言っていたが、外国人向けの案内(Viazulバス)では3時間半となっていて、その差は料金の差なのかもしれないと単純に思う。

友人が、滞在中に私をPinar del Rioのいとこの家に連れて行ってくれるとのことで、Viazulの時刻表や料金をチェックしたところ、3人で行くなら個人タクシーを探したほうがよいということで、Cienfuegosへ行った時同様に「Habanaから地方へ戻る車を探す」という格安プランで車を探してくれた。

道中、
どのあたりだったかは全く覚えていないが・・・
故障したらしき車が路肩停まっていた。

それを見つけた私達の車の運転手は、黙ってその故障車の前に車を駐車させた。
「こんなところで立ち往生している仲間(同じ”運転手”を職にしているという意識)を見捨てるわけにはいかないから」と、運転手は故障車の運転手の応援に行ってしまった。

私は”ボーゼン”
おそらく友人たちが同意したのだろうけれど。

それから5分ほど経っただろう頃、別の車が停まった。
「Hermano!」と威勢のいい声をかけながら修理に参加していった。

修理はなかなか終わらず、1時間以上そこに足止めされることに。

  『客』の立場からすれば、お金払ってるし、予定があるし

  しかし、
  『人』の情としては、
  こんな何にもないところで立ち往生したら大変だよ。
  明日は我が身、助け合うべき! だし

3台がそれぞれ所有している工具を合わせて3人で協力した結果、その車はなんとか走れそうな状態になったようだった。

キューバの移動は常に、「車都合」だ。
旅程通りには行かないのだ。

外国人向けにサービスを提供するバスViazulの場合、客に怒られないよう努力しているであろうけれど、キューバ人向けのバスというものは、つまり、客へのサービスを最優先してはいないのだろうと思う。

      Pinar del Rio 車1

     Pinar del Rio 車3
      あーだの、こーだの

         Pinar del Rio 車2
         おまけ。この運転手さんの車の運転席はこんな感じ。
         自分だけ扇風機付き。



スポンサーサイト



タグ :

限られた方へ(ですが)、あけましておめでとうございます。

 2020-01-04
このブログを2006年8月から始めて、もうやめようと思ったこと数回。
当時交流のあった他のブロガーさんたちのそれぞれのブログも、いつの間にか更新されなくなってしまっていた。
それでも、何故か時々気まぐれに記事をアップしたくなったりして、ほぼ自分のダイアリー的なものと化して10年以上なんだけど ・・・
もう検索にも上がらなくなってしまっているはずなのに、カウンターにはお一方、時には2方、時には3方のアクセスがあった。
意識的に来てくださるのか、あるいはたまたまアクセスされたものなのかわからないけれど、
その方、その方々に、「あけましておめでとうございます。」
ことしも(は)良い年になりますよう、お祈り申し上げます。



タグ :

ハバナのイミグレーション

 2019-05-16
バンコクからハバナへ旅した際は、ツーリストカードはバンコクで申請した。
旅行者の数が増えたとはいえ、バンコクからキューバに行くという人口はまだまだ少ないし、キューバ大使館(コンドミニアムの1室)はバンコク中心部にあるので便利だ。

2018年のキューバ旅行の際は、本来なら東京のキューバ大使館にツーリストカードを申請に行かなくてはならなかったが、帰国ぎりぎりにバンコクで取得した。
が、結局、利用したエア・カナダの機内でカードが配られたので、そのカードを利用した。
 *「エア・カナダで配られなかった事があった。」という体験談を見たことがあるが、心配ならハバナ行きの飛行機の搭乗前に確認したほうがよいと思う。飛んでしまってから「ない」と言われたら後の祭りだから。
  知人の経験談… これはエールフランスのパリ発の話なのでちょっと事情は違うけれど、エールフランスから“購入”できたらしい。

2018年のキューバ旅行期間はツーリストカードの期限30日間を超える滞在だった。
更に、滞在先がライセンスを持たない”友人宅”だった。
という事情で、私はイミグレーションで二種類の許可を得なければならなかった。

”イミグレーション”というものは、どこの国でも、本来は外国人が行く場所ではないかと思うのだが、ハバナの場合はどうも、『もと』 キューバ人のための場所のように思える。

何語にしろ、ほとんど案内がない。
友人によると、イミグレーションの建物には、案内らしい案内が出ていないらしい。
表側の立派な建物はパスポートの申請を取り扱う部署だとかなんとか。。。

私が行くべき部署はその建物の裏口に回るような、狭い通路を行った先の ”納屋” のような場所で、窓口の前に人が列をなして並んでいるものの、その窓口がなんなのかがわからない。
新たに列に並ぶ人が並んでいる人に「これは何か」と聞きながら並んで行くという状況で、いずれにしろ、いちいち全部スペイン語で誰かに聞かなくてはならないようなのだ。

1回目に行ったのは、友人宅に滞在するための許可取りのため。
友人とは何年にどこで知り合って、どんな付き合い方をしてきたのか… などのインタビューを受け、帰りのチケットと海外旅行保険の確認を受けた。

2回目に行ったのは、滞在期間30日の更新。
帰りのチケットと、再度海外旅行保険などの確認をされた。

手数料は日本で言うところの『収入印紙』を銀行で購入して来て渡し、書類に貼ってもらう。

外国人だったら、よほど旅慣れたスペイン語がわかる人… なら、
自力で行けるかもしれないが。


キューバの印紙






タグ :

ハバナで毎日食べたもの

 2019-05-11

予算のある旅行者でなければ、あまり食べ物に期待はできないハバナの滞在で、
毎日のように好んで食べたもの…

名前は忘れたが、

小さなロールパン型なので、クラッカーほどのパサツキ感はなく、
その形のせいか、食感が心地よかった。
ガーリック味。
日本にも似たような食感のスナックあったなー…とは思うけれど、思い出せない。
毎日滞在先の家の前を通る、“ルビア”(金髪の女性)と呼ばれるお菓子屋さんから買った。

細長い袋に入っていて、1本1CUC。
1本買うと大量に入っていたけれど、家中の人がハマっていたので、2本買ってもすぐになくなってしまっていた。
キューバ版「やめられない、とまらない」スナック菓子だった。

小腹が空いた時の非常食的な感じで、ルビアさんを捕まえては買っていた。

ルビアのお菓子 
台車の屋根にぶら下がっている袋入りの丸いのがそのお菓子。
白いのはメレンゲみたいなもの。
台車の上の白い四角い包はピーナッツを飴で固めたお菓子。
下にぶら下がっているのは、ソーダクラッカーと言われる一般的な塩味クラッカー。
どれも1つ1CUCで、すべてルビアさんの手作り。



タグ :

Wifi 追記

 2019-04-27

「そんな事は常識だろ」と言われそうな、追記ではあるが…

アクセスポイントでインターネットに繋ぐことができた時に、グーグルマップの地理情報を入れておくことを忘れないように。

私はよく、「うっかり」忘れる。

フランスへ行ったときも、
パリではあまりに不自由がなかったので、地方に行った時にかなり困った。

キューバでは、相当不便な思いをすること間違いなしである。




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫