12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

とうとうキューバ行き?☆

2009年01月31日
友達のCubanitaとそのお兄さん達が7月にキューバに里帰りするという。
バンコクからドバイ、ロンドンの2ストップだが安いチケットを見つけたというのだ。

それでもまだかなり高い・・・

7月の上旬には飛び石で休みが続いている。
たぶん10日間くらいなら休めそうだし、こういう機会に参加をしなければいつになったらキューバへ行けるのかもわからない。

「キューバに行ったら、Yumiは絶対キューバが好きになるよ」とCuban兄

そうじゃなくったって、好きだよ

心は揺れ揺れ・・・

こんなちっちゃなバンコクの“Habana”(というか?!)にいても、いつもとってもハッピーになれるんだから、彼らの故郷に行ったら絶対もっとハッピーなはず!
すぐに帰ってしまった彼らのパパにも再会できる。
昔出会ったミュージシャンのCubanosは世界中に散ってしまって、誰がキューバにいるかはわからないけれど、誰かに再会できるかもしれない。

そう考えると、やっぱり行くべきだと思えてくる。
バンコクからハバナ・・・やっと実現するか????
スポンサーサイト
Cuba ★ y Cubanos | コメント(2) | トラックバック(0)

夜型、朝型

2009年01月31日
よく「人は夜型、朝型と2つのタイプに分けられる」って話を聞くけれど、実際には医学的根拠はないような気がする・・・が、それでも、何となく「それはある」と思ってしまう私。

私は子供の時からいわゆる「入眠障害」という不眠症で、それは未だ治っていないので、毎晩眠るのには大変苦労するのだ。
それは具合が悪い時でも同じで、1日寝込んだ時などは昼間の方がぐっすり眠れた気がする。
平日に体調不良を感じて「今日は早く寝よう」と思う時は、必ず眠るための薬を飲むようにしていて、さすがに薬を飲んだ時はすぐに寝つけて朝までぐっすり眠れるわけだけど。。。(と思う)


私の休日はいつも遅めに起きることで始まる。
けれどこの2週間ほどは週末も用事があって、いつも通り起きて1日中活発に動く週末を過ごした。

そして風邪をひいてしまい、週末まで持ちこたえたい一心で、いつもの通り薬を飲んで早めに就寝。が、思ったほど回復はせず、次の日に仕事に出たらどんどん悪化してきた。
結局、「あと1日」という金曜日の朝に目を覚ました時は最悪の状態になっていた。声が出ない!体の中から「今日は一日寝ていなさい!!」という声が聞こえてきて、ガラガラの声で会社に電話をしてから、そのまま眠ってしまった。

2回ほど目を覚ますも、結局午後7時まで眠りっぱなし。
一体何時間寝たんだ?
具合の悪い時というのは本当に眠れるものである。

昔からそうだったけれど、私にとって週末の『遅起き』というのは、平日の“実質的な“寝不足を解消するためにあるんではないか?と真面目に考えてしまう。

こんな私が何故フツーのオフィスワーカー人生を歩んでいるのか??
若い時に気づいていたら、夜型の仕事についたであろうに・・・


≪薬の参考≫
・以前はAtarax(アタラックス/ヒドロキシジン)という薬を飲んでいましたが、これ、寝起きが悪くなるんです。何となくボォ~ってのが続いてしまったりして。
アレルギー症状を抑える作用と、気分をリラックスさせる作用があるということで、じん麻疹や湿疹のカユミで眠れない時などに多いそうです。神経症における不安・緊張・抑うつにも効くと言うので、リラックスできるから眠れるんでしょうね。
・インフルエンザで入院した際に処方されたstilnox(ゾルピデム)、これは気に入りました。
ウィキペディアによると、神経症などによる不安などからくる、入眠困難などに使われるとあります。 ということは、常用したら意味がないってことですね。
私も常用はしていなくて、「今夜はすぐに寝たい!」という時だけの助っ人です。

※いずれにしろ、タイでは普通に買えるけど、日本では処方箋薬ですよ。
美容×健康 | コメント(0) | トラックバック(0)

もうすぐ香港

2009年01月26日
2月の1週目に社員旅行で香港へ行く予定です。
このご時世に海外旅行なんて「贅沢な」と言われますが、宿などはかなり悲惨な予感が・・・

だけどそんなことは大したことじゃないっ♪
航空券だけでもタダだったら、それで満足って感じです。
タイ人などは家族参加もしますしぃ~、身軽な独身日本人は勝手にフリータイムを強行します。

ふと気が付くと、丁度香港サルサフェスティバルの後半に重なっているんだよね。
どうしよう・・・香港のサルフェスは結構大きいと聞いているし、興味はあるんだけど・・・
タイから行くとその参加費用はバカ高で、皆から離れて「ほんのちょっと行って来る」というのには大きすぎる出費。
それに、たった2泊3日の旅なもんで、久しぶりの街を散策したいと言うのが一番の希望なのだ。

懐かしいなぁ、、、、香港

到着したらすぐに昔からの友達と“アフタヌーンティー”のアポで、その後は?(ワクワク)

大好きな「宝探し」、できるといいな。
香港 | コメント(2) | トラックバック(0)

パーティーのご報告

2009年01月25日
La Ruedaのチャイニーズニューイヤーパーティーですが、すごい人でした。
お誕生日の方が3人いたという事もあったけれど、踊るところがないくらい一杯になった。(もともと狭いしね)

中国の正月と言う事で、当然赤をまとった人が多かったのだが、タイの政治面では今だに、「黄色服」と「赤服」が活動している中「大丈夫なんだろうか?」とちょっと心配してしまいましたよ(笑)
ここのサルサびとは、最近コスチュームパーティーにはまりつつあると思えるほど、以前よりテーマに沿った装いをする人が増えたな。
国籍に関わらず、「みんな好きなんだ」ろうなーと思う。

私はちょっと失敗した。。。それは靴。
先週はLAばかりの中ダンスシューズの方が踊りやすかったので、またダンスシューズを履いた。
そしたら日本から居酒屋連合キューバン派の人が来ていてキューバンを踊ったけれど、逆に踊りづらくてスッキリしなかった。
プラス、誰かが飲み物を床にこぼしてしまい床が濡れていて、ダンスシューズと言うのは水にはめちゃくちゃ弱い!
靴底が濡れてしまったので、あとの祭り・・・普通に移動するのも靴底が床に張り付いてしまって動くのが大変だった。
靴一つで情勢変わるものだね。

今月は2回もパーティーがあったわけだけれど、来月もバレンタインデーがあるので何か起こるかも?

サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

またですか?

2009年01月22日
先週新年パーティーが終わったばかりなんだけど、今週末はチャイニーズニューイヤーパーティーだって。
中国系人種が多いタイなのに、中国正月は休みなし。
近隣諸国はみんな休みがあるのにな。。。

で、チャイニーズニューイヤーパーティー・・・

チャイナ服は着ません。
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

新年パーティー

2009年01月18日
ちょっと遅めの、La Ruedaの新年パーティー
私はパーティーの時だけは着る物に気を使う。
「テーマ」があるので、乗らなきゃ損な気がするからです。

昨夜は男女それぞれ1人ずつバースデーサルサがあって、盛り上がった。
酔っ払い続出でした。
それからゲームもばかばかしくておもしろかった。

メレンゲを踊るゲーム・・・しかし、ただ踊るだけではゲームではない。
新聞紙を半分に折って、各カップルがその中で踊るというルール。
新聞紙は半分のまた半分、そしてまた半分と小さくなっていく。
皆つま先で必死に新聞紙の上に乗ったり、女の子が小さい場合、ほぼ男性にぶら下がっているような状態でリズムに合わせて体を動かしていた。
やっている方も見ている方も、誰が優勝とかそんな気は全くなくて、案の定参加者みんながフリードリンクをゲットという筋書き通り。

顔見知りが多いせいか、酔っ払い続出のLa Ruedaのパーティーは本当に楽しい。

今回のドレステーマは“スパークリング”
いろいろな解釈があると思うのだけど、私の場合は「キラキラ」な「スポーティー」
そんな服は持っていないので、昼間のうちに服飾市場プラテゥーナームへ行ってラメ入りのショートパンツと、ラメ入りのひざ上までのロングソックスをゲットした。
丁度黒のラメのダンスシューズを持っていたのでそれを合わせたのだけれど、見事にキューバンを踊る人のいない中、今更ながらダンスシューズの踊りやすさを実感した。

そのダンスシューズ、
3年くらい前に購入したものだけれど、過去に2~3回しかはいたことがなくて、皆に「新しく買ったの?」と驚かれたくらい私には不釣り合い(?)なシロモノ。
しかもラテン用のスタイルなので、前の部分も2センチくらいの厚みがあってヒールも高く(8cm)、ゴツくできているので珍しがられた。

以前アップしたことのある、コレ↓
    ラテン用ダンスシューズ1


そうそう、トップは以前から持っていたものを着てみたんだけれど、気づいたら痩せていた。
小さめのストレッチタイプのトップって、横が広がると丈が短くなってお腹が異常に出てしまうでしょ?それがなかったんだわよー!!
体重もほとんど落ちていないんだけれど、最近見た目に「痩せたでしょ」と言われることが増えているし、自分でもプヨプヨが減った気がしている。
これって、「ブルブル効果」かも?
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

健康診断とワクチン

2009年01月16日
本日、AB型肝炎と子宮頚ガンワクチンとやらを注射した。
ワクチンの注射と言うのは普通の治療の注射より痛い気がする・・・

昨年末に受けた健康診断の結果を持って、会社で契約をしているドクターが会社にやってきた。
そしてひとりひとりに健康診断の結果を説明してくれて、出張サービス(?)で希望者にワクチンの注射をしてくれたのだ。
もちろん、任意。自腹です。
ディスカウントありで安くなっているようだけれど、痛い金額だよ。
それでも、タイ人を含めほとんどの社員がワクチン投与を受けていたので、さすがドクター!出張営業は強いよね!!

AB型肝炎は、東南アジアの地に住む人間だけに「打っといた方がいいよなぁ」と思いながら、今まで打ったことがなかった。
こういうものは“勢い”というものが必要な気がする。

それから子宮頚ガンワクチン・・・こんなものがあるなんて初めて知った。
少し前の発表では25歳までの若い女性に打つものであったらしいが、その後の試験結果で55歳までは有効であるとなったらしいのだ。
それでも渡された薬の説明書には、「25歳~55歳までの女性には無意味」って書いてある 
・・・が、ドクターのお墨付きだから大丈夫だよね???

しかしこのワクチン、とにかく痛いのだ。
腕の上の方に注射されて、しかも2種打ったので両腕。
本日は早めに就寝するしかないみたいです。

それにしても検査の結果なんだけれど・・・
基本的には健康体。しかし、血糖が高いから気をつけなさい。運動しなさい。。。ドクターから注意を受けてしまった。以前から婦人科の疾患もあって「今のところ大丈夫ですが」・・・よい先生を紹介するので相談に行った方がよいですよ・・・と、またお金のかかることを! トホホ

だけど体が資本!
皆さんもお金がかからないうちに、健康管理を習慣づけた方がいいですよ。
美容×健康 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジーンズショップ

2009年01月14日
先日お気に入りのブティックのバーゲンでジーパンをゲット!
しかし・・・フランスのメーカーなので足がなが~~~い。

いつもの事だけど、ジーパンを買うと裾を上げなくてはならない。
特にここ(タイ)で売られている洒落たパンツ類は必ずと言っていいほど裾をちょん切らなければならない。ということは、気をつけないとデザインが変わってしまう可能性があるのです。

今回買ったジーンズはかなりなブーツカット。
幸いすそ上げをしても形は変わらないシェイプだったけれど、普通に裾をあげたのでは格好が悪そうだった。

そこで、

MBK登場!
MBKの2階の奥に、ブランド物のコピーを山のように売る店がある。
そこでは100バーツ(400円弱)で見事にジーンズならではの裾処理をしてくれるのである。

私も初めて利用したので、あそこまで見事にジーンズの裾を上げてくれるとは思わなかった。
3階の奥にも小さな店が何軒かあって、そこでも70バーツで裾上げをしてくれるようだが、そちらは未試用なので分からないけれど。

そのジーンズ屋さん。
海外ブランドのおしゃれなジーンズのコピーをわんさと売っているので、特に西洋人旅行者に大人気なのだが・・・ 

「見ちゃった・・・」

西洋人のかっこいいお兄さん方達が、試着をするのに店の真ん中でみんな堂々とズボンを脱ぎ・・・下着一枚の姿になっている。何人もいたよ。げげげ
でもまー、おなかも出ていないし、ボクサースタイルのピチピチアンダーウエアー一枚でも「それはそれ」(?!)

女性にとっては目の保養???????
あちらの方は本当にオープンである。
ファッション☆お買いもの♪ | コメント(0) | トラックバック(0)

体温調節

2009年01月13日
先週末からバンコクが 「寒いっ!!」

さすがに日中、陽が照っていると涼しい程度で済むけれど・・・
それも違和感。
相変わらず陽の強さは痛いくらいなんだもんね。

聞くところによると16度くらいまで下がっているらしい。
朝、フトンから出るのが寒い。。。でもって、着替えるのも寒い。
年間通して長そでや、ましてやジャケットなど着る機会もないので「ナイ!」

冬のある国からすると、たかだか16度でガタタガ言うなって感覚だろうけれど、
なんせ、暑い(熱い)ことを想定して家や街ができているもんだから、16度まで下がったら十分すぎるくらい寒いのだ。

電車や地下鉄は相変わらず冷房をガンガン利かせていて、まるで気違い!
こういう時くらい節電を心がけようって気はないのだろうか?

季節感のない土地に数年住みついて、年中クーラーの人工的な風にあたっているせいか?体温調節が出来ない体質になってしまったかもしれないと心配になる。

だってね、タイ人の。。。人によってはダウンや毛糸のマフラー巻いていたりするんですよ。
凍りそうなほどさぶーいクーラーの中にいられる人々が・・・
どう考えてもおかしいよね?
バンコク/タイランド | コメント(2) | トラックバック(0)

AmariとDream

2009年01月10日
金曜日。。。
今週は日曜日の選挙のため、土曜日はLa Ruedaもクローズです。
木曜日のMちゃん含む、久しぶりのお友達に誘われたこともあって、Dreamホテルに行ってきた。

Dreamについたのは夜の10時半を過ぎた頃。
踊る人はいるにはいるも、いつもよりグッと少なかった。

最近は、スクムビットソイ5にあるアマリブルーバードホテルでもサルサナイトをやっているので、サルサ人は2分割となる。
特に今週はON2のワークショップがあるからか、恐らくたくさんの人がそちらに行っている。。。かもしれない。

それでも11時半くらいには、アマリに行っていた人もDreamホテルに移動してきた。結局、その時の情報によって「人がいる方」に移動するのがバンコクスタイルなのだろう。

実は、私はアマリの方には行ったことがなくてどういう感じかわからないんですが、
レッスンありでカバーチャージが250バーツ、レッスン後は200バーツらしく、
更にコーヒーショップの一部を利用、ソイの5・・・ 個人的にはそれだけで興味なし。
・・・それ以前に、友達の誘いでもなければ、金曜日は出かけないですから。

というわけで、バンコクでは、毎週金曜日は2か所でサルサが踊れます。


それから余談で、全然サルサと関係ないんだけれど・・・
サル友で、20代のきゃしゃな体つきの女の子が「私もダイエット薬飲み始めたんだけれど、すごいのよ!5日間で3kgも減ったの!!」と興奮したように言ってきた。

驚いたのなんのって。

だって、彼女はどちらかと言うと「痩せている」方なんですよ。
何でまたダイエット薬なんて?と聞いてみたら、今まで履いていたジーパンがはけなくなったからだって。

このダイエット薬、タイではすごくポピュラーです。
何故かスキンクリニックでダイエットアドバイスもするんですが、クリニックに行って医者に希望すれば、医者が処方してくれる。

サルサを踊るあるタイ人の女の子が、最近その薬で10kg以上痩せたのでブームになっているのかも?
その子は以前はすごく太っていたので、痩せて「他の女の子とたちとおんなじくらい」っ感じなんだけれど、20代半ばに達したかどうかの年齢で、顔はこけてしまって肌につやはなく、胸も“垂れてしまった”という結果。
それでも、今の20代(少なくともここの人たち)は、「痩せていたら満足」みたいなんだよね。

お腹グルグルってタイプの薬ではなく神経をコントロールして食欲を落とすタイプらしいので、皆様体にはくれぐれも気をつけてね。
サルサ ♪ Salsa | コメント(2) | トラックバック(0)

癒されるぅ~

2009年01月09日
昨日はとってもとっても気分のわる~い日だった。
家に帰ってきて・・・今夜はとっとと寝てしまおうかと思ったけれど、
その前にビールでも飲むかと店へと降りて行った。

店のカウンターでビールを飲み始めた頃、久しぶりにゲイのMちゃんが登場。
彼女(かれじょと発音する)とは、本当に女同志、いや、それ以上の親しみを感じる。
久し振りの挨拶を済ますと、「久しぶりだから踊ろうよ。大丈夫?踊れる?」と誘われた。

疲れていて気分も最悪で、しかも“家の中だから”ビーチサンダルを引っ掛けていた私・・・
それでもなんだか嬉しくなって、ルンルン気分でMちゃんと踊り始めた。

たっ・・楽しいっ%◎$#♪♪

サルサ続けて2曲!

ビーチサンダルを履いている時って“キューバン以外踊るの困難”なはずなのに、
さすがにボールルームのインストラクター!
Mちゃんがリードする時は、すっ飛んで行っちゃうアクシデントなど起こらず、
まるで魔法のように踊れるから不思議。

しばらくしてキューバンのチャチャがかかった。
ゆっくりなチャチャ・・・またMちゃんが誘ってくれた。

これがすごく楽しかった!
ボールルームの型そのものは好みではないけれど、そのステップ、技は面白い。
初心者が習うステップだろうけれど、Mちゃんがいろいろ教えてくれた。

Mちゃんはスタジオと契約があるため、そのスタジオ以外で教えることはできない。
だけど遊び時間でこうやって教えてもらえるのはすごく嬉しい。

  私=ボールルームダンス・・・あり得ない姿・・・

だけど楽しかった。
ビール一本すすってからとっとと寝ようと思っていたのに、結局閉店時間過ぎまで遊んでしまった。

男性にはわからないかもしれないけれど、
多くの女性の意見では、ゲイの子は本当に素晴らしい友達。
曇った気持を晴れやかにしてくれる技にもたけている。

不思議・・・癒されたよ 
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

新年会よろしく

2009年01月04日
さすがに元旦は人が少なかったけれど、
3日の土曜日のLa Ruedaには多くのSalserosが踊りに集まった。
私は引き続きキャッシャーのお手伝い。

11時を過ぎたころに別のヘルパーがやってきて、「踊って来てもいいよ」と言ってくれたけれど、踊りたかったら踊りに行かせてもらうからねと、そのままお仕事を続けていた。
たまに店の人になりきって人々を見るのも興味深いものである。

La Ruedaの常連客に関してはカウンター前の雑談会がメインで、新年会のノリと言う感じ。
それでも長期滞在のフランス人サル友の誕生日で、バースデーサルサもあり。
悪くない盛り上がりでした。

昨夜は日本人客も多くて、声をかけてくれた方とは踊らせて頂きました。
たまたまみんなキューバンだったので意外だった。

アジア海外出張が多く、近くを通るたびにバンコクに寄って、
更に、飲むだけでも必ずLa Ruedaに寄ってくれるという日本人Cuban Loverがまた突然現れた。
「Issac Delgadoの新しいのゲットしたんでしょ?かけてよ」と突然言われ、びっくり! 事前に来るって言ってくれれば用意してDJに渡しておいたんだけれど・・・

0時半を過ぎたころ、イタリアンとクバニータのカップルが、キューバ人カップルを連れてやってきた。
DJにリクエストしたのか、それともDJが気を利かせたのか?
突然ティンバが連続で4曲くらいかかった。
私も「待ってました!」と言わんばかりに、カウンターを飛び出て踊ってしまった。

日本人客を含め、キューバン勢も多かったので、ティンバがかかっている間はフロアーの半分がキューバンに占領されてたという、すごくレアな状況だったんですよ。

とにかく、最後まで盛り上がった夜でした。
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

充実の新年2日目

2009年01月02日
昨夜はLa Ruedaでお手伝い。
新年早々踊りたい人が集まったけれど、やはり人出は少なく・・・
ど素人のヘルパーだったから、あれくらいがちょうどよかったのかもしれません。

さて新年2日目の今日は、オーナーPOMと“行ったことのないレストランで豪華にランチをしよう”と出かけました。

豪華ランチと言っても何を食べるか決めていたわけではなく、とにかく出不精の2人揃ってセントラルワールド(巨大なショッピングセンター)へ行けば何か食べたいものが見つかるだろう程度のノリ。
いつもタイ人の長い列ができている店をしり目に、とにかく並ばないで済む店にしようと、ある日本料理屋へ入った。
「ローカル味だったらどうしよう」と多少ビクついて入ったものの、頼んだものは全て正統派日本食で、すごくおいしかった。

値段も思ったほど高くない食事でかなり満足してあとはショッピング。
買い物をするつもりはなかったけれど、思わぬバーゲンセールについ財布の口がパカパカに・・・

ショッピングで歩き疲れて休憩をしていると、Pomが突然「自転車に乗りに行こうか?」と言いだした。
家から近くにある大きな公園では自転車がレンタルできるらしい。

気持のいい季節の午後の時間、自転車で公園を走るのも悪くないと一つ返事でOKし、一旦家へ帰って動きやすい服に着替えてから公園に出かけた。

公園に入って自転車レンタルの場所まで散歩をしている時、池の「スワン」が目に入ってきた。
足こぎボートの「スワン」でございます!

自転車も気持ちよさそうだけれど、なんだか妙に水の上に行ってみたくなった。
2人の意見が一致したので、スワンに乗ってしまいました!!

あー・・・
何十年振りだろう???

池の中の噴水の近くまで行くと、風は更に心地よく、最高だった。

     なんで今までここに来なかったんだろう?

30分30バーツ(120円くらい?)で遊べるし、あんなに健康的に外で時間を過ごすのは久しぶりだった。

スワンの後に自転車に乗りたかったけれど自転車が空いていなくて諦めた。

絶対、今度はカメラ持って行こう!

2人ともランチで命いっぱい満足したのに、公園を歩いて一周し終わる頃には夕食の事を考えていた。
外食が続くと出費がかさむから、家飯にすることにした。



帰宅。
Pomにアポあり・・・貸しに出されている3階を見に来る客人がいると・・・

キッチンで夕食の準備にかかっていると、

  「ゆみぃっっーーーー!!!!」

Pomのけたたましく私を呼ぶ声が。
興奮した様子で階段を駆け上がって来たPomが息を切らせながら、

「やった!! 借り手が決まった!!!」 と言ったと思うと、
「それがねー、まだ若い子だけど、アメリカ人のめっちゃくっちゃハンサムな学生なのよ!」

なぬ??

彼女の話によると、まるで雑誌から飛び出て来たようなモデルバリのハンサム君だったらしい。タイの一流大学チュラロンコーンで半年間の留学だとのこと。

20歳ちょい越えくらいのおぼっちゃまに興味はないけれど(さすがに)、まじめな感じでハンサム君だと言われたら、ひとつ屋根の下に住む私にとっても嬉しい話である。

明後日には引っ越して来るらしいので、こうご期待♪
これが充実の日の締め!
いろいろなこと | コメント(2) | トラックバック(0)

2009年元旦

2009年01月01日
あけましておめでとうございます!

ここにいると『元旦』という気分ではないけれど、新年は世界共通ですからね。

大晦日のバンコク、やっぱり事件がありました。
原因は不明だけれど、市内の大きなクラブにて火災発生、死者も出たようです。
私はどこへも出かけず、友人とTVを見ていたんですが、すごい数のサイレンが聞こえてきて・・・

「絶対なんかあったぞ」

案の定、ありました。

バンコクに住んでから、大晦日には人の集まるところへは行かないようにしています。(正解!)

ブログを読んで下さる皆様、
こんな「たわごと」のブログを読んで下さってありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
いろいろなこと | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。