01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

意外な裏ワザ

2009年02月28日
最近サルサの話題が減っていますが、相変わらず踊っています。
ただ、以前より熱が冷めているのは確か。
昨夜もDreamホテルでイベントがあるので行こうと思っていたのに、眠くなって寝てしまった。

それはそうと。。。
本当に、心配になるくらいに体重が落ち始めた。
昨年の健康診断では婦人科系の、下手をすると「ガン予備軍」にも考えられるものが確認されているし・・・ま、昨年の12月の検査の結果だし、そんなにすぐに病気になるものではないはずだけれど。。。

それに、「落ち始めた」と言っても、意識してダイエット的な行動を始めてから約3カ月なので、今月になって続けて落ちたことを考えても平均月1kg。そんなに危ない率ではないよね。

あるサイトで「炭水化物好きの日本人が炭水化物を抜くと痩せやすい」といっているのを見かけた。
そうか・・・炭水化物か。
とは言っても、昼は仕事に出ていて、お昼まであーだこーだ考えていたらストレスもの。
お金もかかるので、昼はフツーに食べたいだけ食べている。しかも間食にはチョコレート片。
朝と夜の炭水化物を抜くだけで、こんなに効果があるものだろうか??

それが一つだとしたら、儲けものです。
外食の際は、そんなに頻繁に外食もしないので、友人と一緒に炭水化物もエンジョイしているし、
炭水化物抜きも苦ではない。

それからもうひとつ気づいたのが、「グアバ」
日本ではグアバ茶というグアバの葉で作ったお茶が健康に一躍かっているらしいけれど、そんな高級なものはここにはない。
その代り、実の方は街中そこいら中で安く売っている。
皮ごと食べるので、その皮の渋みを感じるけれど、それがポリフェノールらしい。
確かに、ぶどうの皮の味だよね。

そのグアバを出来るだけ食前に食べるようにしていて、それが、もしかしてダイエットに一躍かっているのではないかということを考えた。
もしそうであったら、これは「意外な裏ワザ」だよね。
ビタミンCがたっぷり含まれているってところも魅力的だし、こういう南国ならではの裏ワザ。
(かもしれない)
青臭い感じもするので、そういうのが苦手な人にはだめだと思うけれど。



暑い、熱~い季節を迎えているバンコク。
この暑さにめげそうになったので、テンプを変えてみた。
スポンサーサイト
エクセサイズとダイエット | コメント(2) | トラックバック(0)

MIDORI

2009年02月22日
最近女性に人気のある、「MIDORI」
これ、リキュールです。

「ミドリ」って日本語だよね~ Greenって意味でしょ?

あ、でも“Made in Mexico”って書いてあるよ?!

昨晩そんな話をしていて、何で「MIDORI」なんだろう???と気になった。

調べてみたら・・・ 日本のサントリーが作ったんだね。
メキシコで製造しているだけなんだ。。。

      midori

きれいだよね
(でも高いんだよ)
いろいろなこと | コメント(0) | トラックバック(0)

おどったー

2009年02月22日
久し振りに「踊った!」という実感・・・でもキューバン抜きで。

昨夜のLa Ruedaは常連が少なくて、ビジターかな? 「最近見るなぁ」程度で、まだまだ常連と言う感じではないメンバーと、久しぶり・・・たまに来るって感じのメンバーが集まっていた。

そういう環境だったせいか、キューバン以外では私にとって一番踊りやすいイギリス人の男性と何曲も踊れた。彼はいつも人気があって踊りまくりで、踊れても1曲くらいって感じなんだけれど、何故か昨日は“空いている”時が多くて誘いやすかったのだ。

もう一人はLa Ruedaにはたまにしか来ないラティーノ。私からではなく彼から何曲も誘われ踊り続けた。これも意外な状況。

はっきり言って、たくさん踊ったと言っても、踊った相手はほとんどこの2人と踊っていたんだけれど、楽しかった♪ 同じ人とばかり踊っても、こういう事ってあるんだね。

ボールルームのエースMちゃんともマンボを踊り、これまたマンボの踊り方を踊りながら教えてもらった。いつもながら素晴らしい指導力!と感動してしまう。

楽しかったという理由はもうひとつ、それは久しぶりのルエダ!
オーナーPomちゃん率いる2組がルエダをやっているのを発見、すかさず久しぶりにやって来た、その夜バースデーガールだった日本人のRちゃんの手をひっぱり、「入れてー!」とルエダの輪に入りこんだ。こういう時、一応男も女も踊れるようになっていてよかったと思う。

1曲目が終わり、メンバーが「もっと増やそうよ」と、以前ルエダを踊っていた人を呼んできた。そのタイミングで私はPomに「男役変わって」と彼女に男役をパスして、自分は女役の方に回った。
そしたら・・・爆笑!
「Dame~!」という彼女のコールで入れ替わった瞬間、私の横にRちゃんが移動してきて・・・

「??????」 私が一瞬止まると、他の人も「????」とストップ。

Pomちゃんが男なのに、男と踊ってる?!

男女交代するとこういう事も起こりうる・・・それが面白かったりするんだよね。


お誕生日ガールのRちゃんは本当に久しぶりにLa Ruedaに来たのだけれど、彼女曰く、「お誕生ディナーの帰り道に、ふとLa Ruedaのモヒートが恋しくなって、しこたま飲んでたけど寄り道しちゃった」だそうです。
本当に、La Ruedaのモヒートファンは多い。
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

夏です

2009年02月21日
数週間前は「寒い寒い」と不平を言っていたのに、突然夏がやってきた。

(・・・突然と言う事はないのだけれどね)

暑くて、熱くて、クーラーを消したら眠れない、もしくは夜中に起きてしまう始末。
これからどんどん暑くなっていくのに、今くらいで負けたらここでは生きていけない!
と思いつつも、体のどっかが溶けているんじゃないかと思ってしまうほど、体感温度が高い。

街の中は逃げ場がなくて、逃げる場所と言ったらクーラーの効いているところだけ。
唯一「公園」の木陰は涼しいそうだけれど、それでも汗ばみそうである。

夜もさして涼しくはならない。

それでも踊る時は踊る。

今夜も踊りの日・・・

バンコクで踊る場合、特に男性はお着替えの用意は必須です。
バンコク/タイランド | コメント(0) | トラックバック(0)

レアな光景

2009年02月20日
あれ? 珍しい。 La RuedaでCharanga Habanera かかった・・・

目の前に広がるビューは、見事に全員アメリカンサルサ・・・

みんな笑顔だ。

楽しいもんね?
でも、器用だなと思った。


サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

いつの間にか

2009年02月17日
「血糖値高い」ワーニングで凹んでからも、やっぱり甘いものは止められなくて。。。
ストレスってのもあるし、仕事中頭使うからってのもあるんだろうけれど、仕事中のチョコレートは未だにやめられず。

しかし、オフィスにいる間毎日1.5リットルの水を飲むって目標を掲げ継続、会食のない夜は炭水化物をカットを続けていたら、いつの間にか体重が落ちていた。 ちょっとした目方の差だけれど、空腹時と満腹時の体重差ではないことは確か。

糖質制限食法というのは本当に有益なんだということを実感。

例のブルブルマシーンについてはよくわからないけれど、たるんだ部分が締まって来たってのはあるかもしれない。これは自分自身より他人が私に感じるみたいです。

そして始めたばかりの「ブラジリアンボディー」・・・自分で勝手に期待している。
プログラムの前後にあるストレッチが気持ちいいので、平日はストレッチ6分+6分と、1プログラム12分だけでもいいやと思っている。だって、真剣になればなるほど挫折しそうだもんね。

簡単な動きだけど、カーニバルステップっていうやつ、みぞおちの辺りに効くよー!
エクセサイズとダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

やってみました「ブラジリアンボディー」

2009年02月14日
今までいろいろダンス系のフィットネスプログラムを試したけれど、これははまりそうだという印象。

野外での撮影、カメラが上手く動いて見やすい
エアロビクス系ステップと手の動きが苦手で、これも類似って気がするけれど・・・
パーカッションのリズムがラテン系リズムで乗りやすいので、私でもOKみたい。

スタートして数分で、「来た来たー!」という“疲労感”、すでに汗だく(苦笑)
足踏みだけって動きでも、その高さと速さ・・・階段を早足で上っている感じだ。

それでも、1プログラム12分ですから「がんばろう」という気になれた。

そして次のプログラムも、次のプログラムも・・・
体の左右のバランスが要求されるので、私には必要な動きかもと実感し始めた。

「水を浴びるのをイメージして」 という言葉が頻繁にはいるんだけれど、これはブラジル式なのかしら?
「エネルギーを蓄えて!」「体を感じて」って言葉が頻繁に入り、まさに自然を意識したものって感じね。

ストレッチの時に「ここでこうやってもいいわよ。あなた次第よ。だってあなたの体だから」って言うんだけれど、妙に納得。
そうなんだよねー・・・私の体だ。私がやらなくて誰がやる?・・・
「誰の体のためにそれをやるのか」とくぎを刺してくれるんでしょうか?

ストレッチ6分、有機酸素運動12分と12分、それから待望のCapoeira♪ 激しくもなく、私にはちょうどいいくらいのレベル・・・と言っても何回かやってみないとついて行けなさそうなんだけれど。

今まで“Latin”とつくエクセサイズDVDをいろいろ試したけれど、サルサが好きだからはまるってものではなくて、返ってサルサやメレンゲは日頃から踊っているだけに、「何もエクセサイズ式にやらなくても」という結果になっていた。

日本語版はないけれど、ちょっとお勧めかも?
エクセサイズとダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

ブラジリアン!?

2009年02月12日
香港のHMVへ寄ってみた。
バンコクでは面白そうなフィットネスDVDが手に入らないので「ここはどうかしら?」と、フィットネスDVD売り場を閲覧・・・

え~と、ビリー、ラテン、ヨガ・・・ ブラジリアン?!

目についた 『ブラジリアン・ボディー』

プログラムを見ると、Maculele、Samba Reggae、そして Capoeira
実は最近、Capoeiraの動きが気になっていた。
Capoeiraなんてできるわけはないんだけれど、その基本の動きが頭にあったのだ。

ずいぶん昔、キューバ人1人とブラジル人2人で合同ワークショップなるものを催したことがあって、サルサとアシエ、サンバのみ参加した。
参加者のほとんどがCapoeiraの生徒だったこともあり、Capoeiraの時間は壮観だった。その状況を見て「自分には絶対無理!」と観客に徹していたのだけれど、基礎運動が思いきり背筋に効きそうだったのを思い出した。

さて、その『ブラジリアン・ボディー』・・・もちろん、GET。
帰宅してから、ワクワクしながら見てみたら、なんだか楽しそう♪

動きは単純そうだけれど、速いのでそれなりに難易度が高い気がした。
それぞれ12分ずつで短いと思ったのもつかぬ間、やってみると 
「きつーい!!」

Youtubeで見つけたのでここに貼り付けておく。
今週は疲れもたまっているので、週末遅起きで英気を養ってからスタートしてみようと思っている。



今度はブラジル式かっ!!
エクセサイズとダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

狂気の香港旅行!その2

2009年02月10日
今回の目的
5女一致で 「食べまくり」 「掘り出し物探し」

いくら街が変わったと言っても地形や本質は変わらないので、私がおのずとリーダーに。。。
事前に皆の希望も聞いていたし、私もいろいろ話していたので問題なくツアー(?)強行となりました。

まず朝ごはんは 「お粥!!」 

と、決めていたけれど、付近にお粥やがない。
昔の記憶をたどってお粥屋探しとなり、チムサーチョイの裏の方を散策することになった。
ありゃま~、これも懐かしい風景。
オースチンロード~キンバリーロードあたりは、基本的にほとんど変わっていなかった。

        ダンスシューズショップ
     偶然見つけたダンスシューズショップ     
                     ダンススタジオ
                      なるほど、近くには・・・

歩いて歩いてやっと1軒見つけたが、今日はお粥を炊く器具(?)が壊れてお粥が炊けなかったらしい。 麺類を勧められたけれど私たちの目的は「お粥」、申し訳ないけれどと失礼して、さらに探し続けた。

そしてやっと1軒見つけて、なんと「24時間お粥が食べられます!」というお粥専門店だった。前日近くを歩いていたのに気付かなかった…不覚。
やっとお粥にありついた!メニューは豊富だったけれど、選んだのはやっぱり豚肉の細切りとピータンのお粥、定番?
         広東粥
お粥はおっきなボールになみなみ、食べきれる量じゃぁないです。

さて、お腹を満たして本日の目的地「香港島」へ。
香港が初めてだと言う人もいるので、できるだけ香港ならではの交通機関を利用するつもりで、まずはスターフェリーから。
                    半島側から
スターフェリーの歴史は古く、働く人もいつもおじいちゃん。
しかしながら、いつも素晴らしい職人技を見せてくれる。

香港島に渡って「何かおかしい?」と思ったら、新しいビルができただけではなく、かなり埋め立てられてたのね・・・「フェリーピアからオリエンタルホテルってこんなに遠かったかしら?」というのが第一印象でした。

香港島ツアーのスケジュールは、セントラルの新名所(?)、エスカレーターの坂を上がってインターナショナルな世界ツアー。 延々と延びる野外エスカレーター界隈は小さな各国料理やバーがひしめいていて、その作りもかわいかったり美しかったり、まるでディズニーランドのレストラン街。
香港島の西洋人エリアでもある。とにかく見ているだけで楽しい。

その日は日曜日で、これも変わらず、香港のマニラ化健在!セントラルエリアは休日を友達と過ごすフィリピン人女性たちで溢れんばかりだった。

   香港の坂
   この感じが香港島!平らな土地が少ない
          Salsa!
          エスカレーター道で見かけた香港サルサフィエスタのポスター
          旅行満喫のため、サルサはお休み

異国情緒を満喫したら、トラムでこの日のメイン「ワンチャイ」へ移動
何故ワンチャイかというと、ワンチャイエリアにはいわゆるアウトレットの衣料品やがひしめいている。その話をしたら、「ここは絶対外せない!」ということになったわけです。

セントラル方面からトラムに乗って、大きな道が二股に分かれたあたりでトラムを降りたらアウトレットエリア(と呼ぼう)で、まっすぐ道沿いを歩くだけで、道の両側にいくらでも店が発見できる。
一見汚い「不揃いの衣料品店」よろしくの店が、宝の宝庫だったりするのです。
最初の店にはイブサンローランのワンピースや革のコートまであって、店を回ればいろんなブランドものが見つかる。タグをきれいに切ってあったりするのもあるので、ブランド名のわからないものもあるけれど、デザインや質で「ただものではない」ことが判断できる。

丁度バーゲンシーズンが終わるころで、破格値も少なくない。私の買い物はTシャツやタンクトップメインだったけれど、1着300円~400円が主流。同僚が購入した Anna Suiのパーカー(初めて見たけど)は800円くらいでした。

そんな状態なので狂ったように買い物に集中。くたくたになりながらも、15軒以上の店は回ってしまった。

涼粉
夕食前だけれど、ちょっと休憩で甘いもの♪
涼粉というハーブゼリーのスイーツでリフレッシュ

・・・ちょっとリフレッシュされたものの普段あんなに歩くことはない私達なので、最終目的地のIKEYAを見終わったころには、
「夕食前にフットマッサージ!!」
バンコクで生活する者達は軟弱なのか、“疲れたらフットマッサージ” が常識。

香港島ではマッサージ店が見つからず、九龍側に戻り、夕食前にリフレッシュ。2日目の夜は10:00PMを回ってから広東料理のディナーとなりました。

しかし・・・
本当に「狂気」のショッピングツアーでした。
安いし、バンコクでは見ないデザインが山積みだし、荷物が増えるのは頭痛でもあり幸せでもあるのです♪
         
          kawai
          あっちこちで見かけた「カワイ肝油ドロップ」とその一連
          中国人社会ではブームなんですかね・・・懐かしい
香港 | コメント(0) | トラックバック(0)

狂気の香港旅行!その1

2009年02月10日
まさに、5年半ぶりに香港旅行へ行ってきました。
たった2泊3日だったのでその忙しさは半端ではなかったけれど、楽しかった。
5年も経つと街は変わるものだ。

まず初日
会社の超バジェットツアーであるため、タイ人向けのそれもかなりローコストなツアーをアレンジしたらしく、到着の迎えからハプニング。
2時頃に到着する便なので、一人旅であったら3時前には余裕でチムサーチョイに到着できる計算。それでも少し余裕を持った計算で久しぶりの友人と会う約束をしていた。
イミグレーションはすいていて順調に入国を果たし、荷物を預けていた人もいたけれど、その荷物が出てくるのも早かったので、2時過ぎには集合場所で送迎を待つ事に。
その場所にはすでに旅行会社の人がいて、人数の確認をしていた。
しかし、ここからが「タイ式」
誰を待つわけでも、何があったわけでもないのにただひたすら時間は過ぎる。

30分経ってやっとバスの前へ・・・

バスの中を見ると・・・

         寿司詰め??

私らは「寿司」か?

その状態に正直言って言葉を失い、案の定全員が乗るまでにまだ時間がかかりそうだった。
それから「ホテルまで45分です」という話・・・

「すみません! 私、別行動させて頂きます!」

事前に「万が一の時は」と会社の人には事情を話してあったので、バッグを預けて一人で市内に向かいました。 エアポートエクスプレス+シャトルバスで友人の待つホテルのラウンジまで大急ぎで移動。到着した時に躊躇していなければ、30分くらい余分に友達と過ごせたのにと思うと選択誤ったな。

夕方は会社の女性ばかりのメンバーと街を散策し、夜は豪華な上海料理で楽しんだ。
その後ホテルへ戻ったんですが・・・私はまだチェックインしていなかった。
「チェックインなんてしなかったのよね」

じゃ~ん!
今回の「タイ人向けローバジェットツアー」のメインイベントです!


これがホテルゥ??
寝台車の個室程度の広さ・・・いや、寝台車の方が広いかも?
ツインの私たちの部屋にはヨガマット大のベットが¬形に並べてあり、それで命いっぱい。
トイレ兼シャワールームに至っては、小柄な私ですら「カニ歩き」以外の動きが封じられ、ルームメイトは背が高いので、トイレに坐ると膝がドアにあたってしまう始末・・・
貴重な体験をしたのだと流すしかあるまい。



ビルの夕焼け 昔住んでいたあたり。あの頃の雑居ビルは跡かたもなく・・・

                           ネーザンロード
        夜景
                       夜景2

香港 | コメント(0) | トラックバック(0)

マカオもとうとう

2009年02月03日
先日La Rueda知り合った背の高~いフランス人の男性。
「もともとLAを踊っていたんだけど、僕はキューバンの方が好きなもんで」と、キューバンつながりで意気投合し、何曲も踊った。

何時間か前に隣の隣のタコススタンドで聞いた“Que le den candela” が耳に残っていて、≪彼と踊ろうっ!≫と思ってDJにリクエストしたら、曲がかかったとたん彼の方も私を見た・・・ うん、やっぱり音楽を通して以心伝心♪

私の出会ったフランス人には「見事に」キューバンを踊る人がいなかったのでかなり驚いて、「ドイツやスイスから来る人はキューバンが多かったけど、フランス人はいなかったよ」と言うと、逆に「へぇ~、ドイツは多いんだ」と感心していた。

「ここに来るのは初めてなんだ。ちょうどチャイニーズニューイヤーだからバンコクに来てみた」

   「へっ?」

なんでフランス人とチャイニーズニューイヤーなのかと思ったら、マカオ在住だとのこと。

なんでも聞くところによると、最近・・・ とうとう・・・とうとう・・・ 
   とうとうっ!

マカオにもサルサの時代が来たらしい。

長い間マカオには行っていないけれど、私の知っている時代のマカオはとうに歴史の中であるはず。

知り合いのクバニータ達の写真を見ても、本気で「東洋のラスベガス」を目指しているって感じだし、ここで踊りが出ないって言うのが不思議だった。
もともとマカオのカジノ王スタンレーホーさんも社交ダンスが大好きだと聞いていたしね。

知り合いのクバニータ達がマカオに行く理由は、演奏の機会があるから・・・
ってことは、当然ダンスもついて来るよねぇ。

お友達になったフレンチ君は積極的に活動をしているらしく、早速 “Salsa Macau”などというニューズレターを送ってくれた。まだまだ練習段階で、クラブらしきもはなさそうだけれど・・・嬉しい事に「キューバン」振興会♪

香港は長い間イギリス領だった。
そしてマカオも長い間ポルトガル領だったわけで・・・それでも中国人比率は香港より圧倒的に高かったけど・・・ ・・・ ・・・

けど、ポルトガルの方がラテンじゃん!

期待していいかしら?
サルサ♪ バンコク以外 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。