05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

行ってきます!

2009年06月30日
出発は明日の夜だけれど、朝からお仕事して空港に急ぎます。


長い間憧れだったキューバに行ってきます!!


楽しい旅になりますように!(神頼み)
スポンサーサイト
2009年なりゆきキューバ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよパッキング!

2009年06月28日
いよいよ・・・

水曜日、普通に仕事を終えてから空港へ急ぐ予定なので、
今日の内にある程度のパッキングを済ませた。

ミュージシャンのお姉さんにも預かるかばんを持ってきてもらい、
重さのバランスがうまく取れるように、一緒にパッキング。
彼女が持ってきたスーツケースを開けて驚いたのは、彼女たちから頼まれた品物のほとんどが薬だったこと。持病の薬もあったけれど、ほとんどが日常的な常備薬でした。

もちろん、その他にも石鹸やら歯磨き粉やら、ボディーミルクやら・・・
靴も何足か入っていたけれど、やはり日用品がほとんど。
本当に、物がないんですね。

ツーリストカードも、結局は自分では一度も大使館には行くことがなく取得できてしまった。
意外にも大使館の人に、住所の欄は私が泊めて頂くお家の住所でもいいと言われたらしい。


ミュージシャンの方たちの生活は完全に夜型なので、お姉さんとの約束は午後。
約束の時間までに十分時間があったので、昼の時間にバンコクの服飾市場エリアに行って、
こんな寸前になってビキニを買ってきた。
お土産やらで意外にも事前準備費用がかかってしまったので、買おうかどうしようか迷ってたのよねぇ。
私はあまりビーチライフを好むタイプではないので、ビキニなんてめったに出番がないんだもの・・・
デパートで売っているものは安くてもそこそこするし・・・って事で、ここで我らが“バンコクマーケット”の出番です!

結構気に入ったものが手に入って、値段も800円くらい?!
何だか得した気分♪

そのお買い物へ向かう途中に、クバノAからメッセージが入った。
「5kgくらいの余裕はない?」という質問。

私の荷物なんてお土産を入れても15kg程度なので、スペースさえ確保できれば全然平気。
ただ、大きさによってはスペースが・・・

重さは大丈夫だけどスペースが心配なので、お姉さんと一緒にパッキングをしている時、
“どんな物でどのくらいの大きさなのか?” 彼女が直接聞いた方がいいだろうと思って電話をした。
そうしたら・・・

「もういいから、忘れてね」ということ(?)

事情を聞いたら一緒のフライトの姉妹の荷物で、
クバニータの兄のクバノHが、「みんなそれぞれ自分の分で納めているんだ。入らないなら家において行け!甘えるんじゃない」とか切れたらしくて、それで収まったそうです。

そうよねぇ・・・
私は帰国できない人達の荷物を預かっていて、クバニータもクバノ2人もそれぞれ自分たちが持って行ける範囲で納めているし、ましてや彼女たちは姉妹なので1家族。
クバノHの言う事は正しいよね。

それだけ、キューバでは日用品をはじめ、たくさんの物を必要としているってことなのね。

ちなみに、
昨夜、一足先に旅立ったクバニータのフライト(エミレーツ)が大幅に遅延になったとかで、
その便に乗ったらロンドンで乗り継ぎが出来ないって事態になったそうだ。
それで航空会社の便宜で、タイ航空のロンドン直行便に変更になったとのこと。
私達より18,000バーツ以上も安いチケットで、結局ワンストップフライトで行けることになった、
これはある意味「グッドラック」?

大使館をはじめ、すべての情報が行き渡ってしまうというバンコクの小さなキューバ・・・
これって十分、ファミリーですよね。
2009年なりゆきキューバ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

この懐かしい曲は?

2009年06月25日
今日もぐったりして帰宅、休暇前の大忙しです。

いつものように簡単に夕食を準備して、TVをつけた。
今日は特に興味を引きそうなものはやっていなさそう・・・

と、懐かしい音楽が耳に入って来た・・・ これは、もしかして?!

そう、懐かしの 「マッハGOGO」 ではないですか??

タイトルは 「Speed Rider」

太ったおじさん、シマシマキャップをかぶった子どもとチンパンジー
それに主人公のライダー(名前忘れた)

実にそっくりキャラを集めているじゃないの?

実写版って知らなくても、すぐわかるよ!


   すごい

CGたっぷりのハリウッド映画はあまり趣味ではないけれど、
違う視点で「すごい」と思った。

日本のアニメは海外で大モテ、大人気だと聞いているけれど、そんなに好きなんですね。

オフィシャルサイト
http://speedracerthemovie.warnerbros.com/
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

空の旅

2009年06月23日
飛行機に乗ると、地上を見たくなる。
当然のことながら何にも見えない事もあるけれど、
昼間、晴れていれば結構地上絵が見られるもの。

大昔、まだカナディアンパシフィックという航空会社があって、成田―香港間を飛んでいた時、
台風のおかげで航空ルートがずれて台北市内を国際線にしては低空で飛んだ事があった

忠誠記念堂、圓山ホテル、故宮博物館がはっきり見えて興奮した!

普段なら成田―香港なんて海ばっかりだけど・・・


バンコク―デンパサール間ではボルネオの密林ジャングルが永遠と続いていた
タイ湾からカンボジアとの国境、美しい海も見えた

成田からバンコクへ飛んでいる時は、ベトナムの海岸線が目に入って来たら
インドチャイナ半島に突入し、うねる河がずっと下に続く

地上が見えなくても、空の上では沢山の飛行機が飛び交うのが見えたり
そんな事が楽しかったりする


今回は初めてヨーロッパ線なので、どんな所を飛ぶのか興味深々!

航空ルートが調べられないかと探していたら、こんなものを発見した


    Landing.com フライトプランナー


これで調べてみたら、バンコクからパリは

→バングラディッシュ → ネパール → アフガニスタン
 → ロシア → ウクライナ → チェコ   そして パリ!


ひえ~・・・

昼間の晴れている時間なら興味もそそられるけれど、今回は夜間飛行なもんで・・・

どうか万が一でも「緊急着陸」なんて事にはならないよーに!

BKK-PAR

それでは、パリ―ハバナ間はどうなのか?
早速サーチしてみた

そしたら大西洋の海しかなかった・・・(苦笑)

PAR-HAV
2009年なりゆきキューバ旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

狭い世間

2009年06月21日
セニョールピコのバンドのお姉さんから電話

「今日Yumiに会いたい」

それでは今夜、セニョールピコへ行きますよと、用件を聞きに行ってきた。
そろそろ具体的に、預かる荷物の話もしなきゃいけないしねー

演奏の合間の休憩時間に話をした。
私を泊めてくれるという彼女のお母さんが、「彼女は何が好きかしら?」とか、いろいろ心配をしてくれているらしい。本当にうれしい事だよね。
(まぁ、もちろん私が物資配達人と言う事もあるのだけれど…)

今キューバでは停電が多く、ろうそくが手に入りづらくて困っているとのこと。

荷物の話を一通り終えると彼女が、
「今日大使館の彼女が電話をしてきて、Yumiがまだ来ないけど大丈夫なのか?と心配していたわよ」

    え゛っ!?

木曜日の夜にわざわざクバニータBの家にパスポートを届けに行って、申請書も記入した。
彼女は金曜日に大使館に行き、月曜日には受け取れると言っていたんだけれど・・・

大使館の人が心配してるって事は、彼女がまだ申請に言っていないって事?!

彼女も事情は理解しているから何とかするだろうけれど、ちょっと心配 


それにしても。。。
大使館員直々に電話までしてくれて、それで私のツーリストカード申請状況がわかっちゃうなんて、なんて狭い社会なのだろう・・・
Cuba ★ y Cubanos | コメント(0) | トラックバック(0)

しつこく 「Brazilian Body」!

2009年06月20日
何度も話題にしているエクセサイズ、しつこい!(笑)

けれど、そのしつこさからか(笑)、興味を持って頂いたという話も耳にしたので
詳細などを記してみようと思います。

アマゾンで1500円代、これってすごく安いと思う。
海外品だと倍以上、私は香港で購入したので倍以上の方を購入したことになるみたい。
(アマゾンでも一時品切れになっているよう・・・もともと在庫が少なかったのかもしれないけど)

いずれにしろ、「元は取ったぞ」という実感は十分なので、そんな事は気にしない。

当初の自分の記事に、「はまりそうな印象」と記したが、はまりました。

サルサの中で特にキューバンが好きとか、トラディショナルなキューバン音楽が好きだとか、
それはたぶん“パーカッション”が大きな魅力なのだと思う。
楽器の音色は何の楽器でも好き。
でも、体に響くのはやっぱり打楽器だと思うのです。

だからなのか?
このエクセサイズはドラムの音がメイン、単純ながらも楽しい♪

始めた当時は最初のウオーミングアップで、すでに腕がだるくなった。
どんだけ使ってなかったんだ?! とがっくりきたのを覚えております。


一つ目のMacrere風エクセサイズ(これはYoutubeで最初だけ見られる)
単純な動きだけれど、一定のリズムで膝をあげる形で行進する動きは腿に来る!
途中から膝から足を後ろに蹴りあげるように走る動作(走らないが)、これで汗がどっと来る!
両手と片足を上げて弓反るようなジャンプ、これは脚にも効くけれど、上半身と下半身をつなぐ腹筋に来るらしい。 そして、当然お尻にも!


次に私の好きな「Samba reggae」エクセサイズ
リズミカルに、踊るように全身が動くので楽しい。
カナバルステップはボクシングっぽい動きであり、格闘技っぽくて面白い。
カナバルウエーブはブラジルのカナバルの動きらしく、
以前ブラジル人に「こういうのあるでしょ?」と聞いてみたら、笑いながら「ブラジルに来なさい」と言われた。
脚は片方ずつお尻を横に突き出すようにステップしながら、両手は頭上で振り回すように一回転させて伸ばす。これはめちゃくちゃ横っ腹とみぞおちに来るぞー
この動きのおかげで肩甲骨のあたりがほぐされて、肩から腕に柔軟性がついたような気がしています。


3つ目のカプエラは飛ばしてる。
ここまでやったら時間もかかるし、そうすると「時間がない」という口実ができてしまいそうな気がしたので、最初から自身のプログラムからカット。

本当は、12分、12分の有機酸素運動を終えてからカプエラの筋トレ風のエクセサイズをやれば、デイリートレーニングとしては完璧な気がするんだけどね。

プラジリアンボディーと言うだけあって、下半身から来ますよ。
お尻や太腿から締まってくるのを実感! ジーンズが緩くなるもん!

このワークショップの動きが好きな理由、もう一つ見つけた。
それはストレッチング風に、体を伸ばす動きが多いから体質に合っているんだと思う。

私の知っているエアロビクス動きは手足はたくさん動かすものの、手足の根元から伸ばすような動きはほとんどなかったと思う。
速すぎるから??

とにかく、私の人生・・・
いろんなダンス系エクセサイズを試してきて挫折
「運動は続かないモノ」と我辞書に残さなければならないと思われていた。

好みの問題もあるだろうけど、ある意味、「これってすごい!」と思わざるを得ないのです。

               brazilian


エクセサイズとダイエット | コメント(6) | トラックバック(0)

キューバまでもうすぐ

2009年06月19日
気がつけば、キューバ出発まで10日ほどとなっておりました。

友達のクバニータが代理でツーリストカードを申請に行ってくれると言ってくれていた

「今週末までに写真を用意しておいて」と言われてから全然連絡がとれないで1週間以上

実は、バンコクのキューバ大使館は家から歩いてたったの5分のところにありますが、
なかなか彼らの業務時間に行くことが出来ないのです

今まで何度か電話で捕まえたけれど、
「後でかけなおすから」と言われたっきり、毎回電話なし

溜息をついていたら、クーバノAが助言してくれた 

「かけ続ければいいんだよ。知ってるだろ?彼女のこと」



昨夜は特に帰宅が遅くて、急いで軽く食事をとってから
「とりあえずまた、電話でもかけてみよう」と電話をしてみた。

そうしたら、「今家にいるから、パスポート持って来てよ」と・・・

ひえー、もう午後10時を回ってるよ~ (涙)

それでも「人に用事を頼むわけだから」と、バイタクで5分ほどの彼女の家に行った。

行ったのが運のツキ・・・

彼女と彼女のボーイフレンド、そして兄がクーバリブレを囲んで盛り上がってたんですわ。

「Yumiにもドリンク作るから」というお誘いに、「いや、私は・・・」と、ぼそっと断ると、

   「ウソだろー、冗談だろー!!」

テンションのあがりまくった彼らに、そんな答えは通用しなかった

私を含めて4人しかいないのに、スピーカーは3人・・・
私の耳は忙しすぎでショートしかけたくらい

クバノ兄が、「どうだ、Yumi? そろそろ興奮してきただろ?」 と出発間近の心境を聞くけれど、
残念ながら休暇を取る前に仕事が山積みで、毎日残業残業

「今、山のクライミングしているところで、まだ山の向こうが見えないのよ」
そう答えると、日本人はそうなんだよなーと、また3人が同時に話し始めた。

そのうちまた、「ダンスタイムだ!ダンス!ダンス!」と活発に動き始め、

      ゆーみーっ! カモーン!!

抵抗は許されないオーダーが降りかかり、マークアントニーのコンサートビデオで踊る

午前0時を回ったころ、「そろそろ・・・」と言いだすと、

「えーっ!私だって明日は7時起きよー? 信じられない!!」

脱出失敗。。。

解放されたのは午前1時を回ってからだった・・・ 

本当に・・・
いつも元気でパワフルな彼女、そして兄
私の初めてのキューバの旅はどうなる事やら

楽しみなような、今からちょっと疲れを感じるような
Cuba ★ y Cubanos | コメント(4) | トラックバック(0)

Vicky Cristina Barcelona

2009年06月17日
日本語のタイトルは 「それでも恋するバルセロナ」 
日本ではこれから公開?ですよね。

何故こういうタイトルになるのか 「?」

スペインが舞台だって言う事なので、興味があってDVDをゲットして早速鑑賞。

・・・

アーティスティックな映画と言えばそうであり、おしゃれな感じ?

でも、ストーリーは・・・



多くを語らず


        barcelona
           Vicky Cristina Barcelona
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

Salsa Hacha party

2009年06月13日
Salsa Hachaというバンコクのサルサスタジオのお誕生パーティーがありました。

会場になったのは、NOMAND というモロッコ風バーレストラン
表通りから少し路地の中に入った一軒家で、なかなか素敵な感じの店でした。

             Nomand

     Nomand2   

主旨はHachaのスタジオでダンスを学ぶ生徒達の発表会

人が集まるので「パーティー」となるんですが、実際はいつもと同じサルサ
場所が特別だとか、大勢の人が集まるとか、それがいつもと違うところ… ですネ。

「他人の発表会には興味はない」と言う人はパフォーマンスが終わったころにやって来て踊っていた。
それにしても人が多い時っていのは、本当に踊りづらいものだよね。
それでもそういう時にしか踊れない相手もいるから、それはそれ。

        stage
     「パフォーマンスクラス」の女性たち。曲はテレサテンのサルサバージョン(後ろから失礼)

私の経験では、バンコクのモロッコレストランバーはここで3軒目。
私は結構こういう雰囲気は好きなんだけれど、やっぱり何となくサルサと言う感じではない。

それでも、もっとコテコテだったGaziboよりは全然よかった。

昔バンコクのソイ20にタリスマンというレストランバーがあって、
(そこはイタリアンか何かだったと記憶しているけれど)
内装はゴージャスな感じで、週一晩サルサナイトがあった。

Nomandの床の滑りすぎ具合が “そこ” を思い出させた。

こういう広い場所に来て改めて思うのは、ラルエダの狭い“うなぎの寝床”状態も悪くない。
広いところだと四方八方から危険が迫ってくるのに対し、
ラルエダでは皆さん見事に“一列”に並ぶので、気をつけるのは横だけ。。。(苦笑)

このNomandでは毎週水曜日の夜にサルサナイトを催しています。

平日はほとんど出かけない私、この店に行ったのは初めて。
自身の目で見て、一度行ってみるのもいいなと思えるレストランバーです。



パーティーが終わり、ほとんどの人が帰ってしまったあと・・・

     「酔ったもんの勝ち!!である」 ことを実感した。

私は木曜日に飲みすぎ踊りすぎ、更に金曜日は週の疲れが出るためビール一本で十分だった。
なので当然、疲れて眠いだけで全く酔ってはいなかった。

反して、オーガナイザーの数人・・・
酔っ払って本人達は非常に楽しい状態になっていた。

同居のポムちゃんもかなり楽しい状態だったので宴の終わるのを待っていたんだけど、
午前2時を過ぎても、入口の外側で水パイプを囲みながら飲み続けているのであった。

終いには「Yumiも飲めー!!」とあちらこちらからオーダーありで、
マルガリータショットを5ショットほど飲まされた。

酔っ払った時って訳も分からずやたらに楽しかったりする。

体調が好調だったら私も酔っ払いになった方がいい方、酔っ払った方の勝ちだよ。


さて、

帰りがけに小腹がすいてバミー(ラーメンの一種)が食べたくなたけれど、
真夜中の帰路には食べるところもなく・・・

結局セブンイレブンでママー(カップラーメンのこと)を買って家で食べることに。
酔っ払って機嫌がいいのか悪いのか分からないポムちゃんの活舌が非常によくなっていたので、
彼女の部屋で一緒にママーを食べようと言う事になった。


1匹でお留守番をしていたネコのリンダちゃん・・・
夜行性であるため、遊びたくてたまらないらしい。

カップラーメンなんて食べやしないのに、テーブルに上がってきて中を覗いたり
足もとから手をのばしてニャーニャー鳴いたり

しぐさがかわいくて何枚か写真を撮ったけど、
逃げるどころか毎回睨まれた。


         Linda
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

自力整体の部類

2009年06月11日
自力で整体・・・って本がありましたね。

自力で整体って言っても、別に体操をしているわけではありません。

カイロに通わなくなってからだいぶ経ちます。

それでもゆがみは改善されてきているような気配。

(ほぼ)毎日の運動、これです。

もちろんカイロや整体を命いっぱいうけてきたおかげか、自分の体に敏感になった気がする。
骨盤をグイグイっと押すと、あ~ら不思議、反対側の肩のあたりがボキッと鳴ったり、
肩のあたりをグリグリやっていると、膝がボキッと鳴ったり・・・

不思議ですが、つまりこれは全身がつながっている証拠ですよね。

こんなことならもっと若いうちに運動に目覚めておけばよかったと・・・後の祭り。
けれど、そういう機会がなければ運動なんて毎日続けられなかった。

ホント、続けるって大変なことだと思う。(出来ない人には)
カイロプラクティック+整体 | コメント(4) | トラックバック(0)

ゲットしました

2009年06月10日
旅行人160号特集キューバ・革命の島を徹底ガイド!

これからキューバに行こうとしている私に朗報!
これは手に入れなきゃ。。。ってことで、早速ゲットしました。

会社のコンピューターだと旅行人のサイトが開くんですが、
自宅のMY PCだと何故かエラーが出てしまう。

何でだろう?

とにかく会社の昼休みにネットでオーダー、すぐに料金を振り込み
そして実家の母から送ってもらった。

先週の金曜日に着金確認が届き、本日既にバンコクの自宅に到着。

なんて素早いんだろう。


余談だけれど、
インターネットで問題が発生している時よく、
「Explorerではこのページは開けません」ってメッセージが出ますよね。

    んじゃ、何ならひらくんだよ

と一人でムカついたりします。

独り言・・・歳ですかね?
Cuba ★ y Cubanos | コメント(4) | トラックバック(0)

ムキムキのSalsero

2009年06月07日
ジムナスティックな筋肉と、ダンスでつく筋肉とは質が違うと言いますよね。
本当にそう思います。。。

白人のSalsarosにもよくお会いし、踊ってもらう事があるけれど、
見た目に「おーっ、きっと毎日トレーニングしてるんだな」と思うようなマッチョな男性と踊ると、
その力の強さに体力消耗・・・
それ以前に、ブンブン振り回されてしまうのだ。

瞬発的にバーンと力がはじけるタイプの堅い筋肉なんでしょうね。
体が固そう・・・

BKKでおなじみのアーミー引退組のおじさんは、ここのSalserasからは避けられてしまっている。
バイオレンス的なサルサになってしまうんだよね。
負傷者(ちょっと大げさ)続出。
たまたま彼はここに住んでいるので、みんな知っていて避けることもできる。
しかし、常連じゃないマッチョについては情報がないから踊ってしまう。

それで、ブーンブーンと振り回されてしまうのだ。

マッチョな人は力の加減が分からないのか?
それとも体の大きい白人の女性はOKだから、気づかないのか??

キューバンを踊リ慣れていると力強いリードの方が踊りやすいし、好き。
でも、マッチョ的リードは・・・やばいです。
サルサ ♪ Salsa | コメント(3) | トラックバック(0)

久し振りの?

2009年06月07日
先週、先々週と、La Ruedaにはちょっとしかいなかったし、その分あまり踊っていなかった。
木曜日もしばらく顔を出していなかった。

   「どこいってたの?久しぶりね」 

数人に言われた。
先週だって、既に0時半を回っていたけれど、La Ruedaには居たんだけどねー。

以前からそうだったけれど、乗る乗らないの気分の差が更に激しくなっているような気がする。

昨日は飲み始めてからご機嫌で(いつもか?)、
本当に踊り続ける人々とは違うけれど、私にしたら踊った方だ。

知り合って長いタイ人のサル友が
「Yumiが踊る時って、本当に楽しそうだよね」、ボソッとつぶやくように言った。

    楽しいから踊る、私が踊る理由はこれだけですから。


「今夜は人が多いね」と皆が口々に言っていたけれど、そこそこじゃないかな?
たぶん背の高い、大きい人が多いからそう見えたのだろうと思う。
小人バーLa Rueda ですから。
サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

ジーンズがスルスルッ

2009年06月05日
すでに 『癖』 になっているブラジリアンボディーエクセサイズの話。

疲れていても、ほぼ決まった時間にタイコの音が脳裏を走り、「うごきたくなるーぅぅう」
まるで魔術にかけられたように(苦笑)

本当のところ何が一番効しているのかわからないのです。

相変わらずモリモリ食べていて、炭水化物もすでに私の食事に復活している。
食事と言う意味では、ダイエットはしていない。

だからなのか、体重は落ちていないし、気を許すと増えそうな、微妙な状態が続いていいるのだ。

体重は落ちていないのに、ジーンズが面白いくらいスルスルッと入るようになった。

今朝、後ろを歩いていた会社の同僚に言われた。 「えーっ? お尻が小さくなってるー!」

そう、腰回りの幅がなくなってきているみたいなのです。

思うに、これは骨盤の・・・
いや、骨格の歪みが少しずつ良い方に向かっているからじゃないかと思うんだけれど。

いずれにしろ、健康が第一!

見た目はその次でいいと思うけど、結局健康について来る付録みたいなものじゃないのかな?
エクセサイズとダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

薬の宅配便?

2009年06月05日
キューバ旅行に向けて、友達のキューバ人に御用聞き。

「何か持って行くものがあったら言ってね」

最初は遠慮して何も言わなかった人も、「ありがとう!」とお土産を用意し始めた。

クバニータLは遠慮がちに、「荷物が多かったら言ってね。私の中身は90%が薬だから」

そう、先日も話題に出た。
「何かあった時に薬なんか簡単に手に入らないから持って行った方がいいよ」と
クバノスにアドバイスをもらい、私も薬リストを作ったところだ。

簡単なものでも・・・
たとえばプラスター(バンドエイドね)も不自由すると言うから、
これは自分のもしもの時用とお土産に買いこむべしと決めている。

カウンターペイン・・・ これも喜ばれるらしい
アスピリン系の薬、抗生物質、シップ、虫さされ薬・・・あとは何だ?

サプリメント系はバンコクでは割高、でも薬はかなり安く手に入る。
日本のように総合薬は少ないけれど、もともと西洋からダイレクトに来ているので、体の大きな西洋人向けの成分だから、キューバ人にもよく効くだろうと思う。

お薬で喜ばれるのであれば、かさばらないしお安い御用!

「忘れないでね!パンパース!!」 クバニータBから念を押された。
Cuba ★ y Cubanos | コメント(0) | トラックバック(0)

NIGHT AT MUSEUM

2009年06月03日
の、“2” が公開されました。

2週間たつので今週末上映しているかなぁ・・・ 上映してたら行こうかな・・・

ハッキリって、この手の映画は誰かと連れ合って観にいった方が面白い。
でも、付き合ってくれる人、というか、誘う相手が思い浮かばない。

そんな事を考えながら道を歩いていたら、路上のDVD屋(もちろんコピーね)の一番目立つ所に

   ドーン!

劇場上映と同時に売っているDVDは、専門業者が劇場で映してきたものと決まっているので、
画像と音の悪さは抜群(嬉しくない)なのだ。

が、思わず買ってしまった。
案の定、音声はよく聞き取れないので間違えだらけの字幕を読まなければストーリーがわからない。

ま、単純な映画なので、それでも十分だったけど。


またまた自身の回想となるけれど、私は子供の時から博物館が大好きだった。
上野の科学博物館にはどれだけ行ったか分からない。
何度行っても、どこに何があるのか完全に覚えてしまっても、いつも興奮して展示物に見入っていた。

東京には小さな歴史(的)博物館がいくつかあって、
両国にある江戸東京博物館行った時も、外国からの研修生をアテンドしていたのにもかかわらず、仕事を忘れて自分がはまってしまった記憶が残っている(苦笑)

海外に出るようになってからはさすがに機会が激減しているけれど、
機会があれば海外の壮大な博物館には是非行ってみたいと思っている。

博物館が好きだからこの映画が好きなのかもしれないけれど、それ以外にも要因は考えられる。
キャストも、コメディーの有名どころがわんさと出演しているし、豪華だと思う。
それに、いつも少々くどすぎるベンステイラーのコメディーキャラが逆に抑えられているのがいい。

恐竜の骨、REXだっけ?
とってもかわいいじゃないの♪
犬を想像させるような動き、よくできてるなーと感心してしまう。


今回はスミソニアン舞台と言う事で出てくるものも幅広かったけれど、
感想としては“1”の方が好きかな。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |