09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ハロウィーンとSalsa Fiesta

2009年10月28日
今年もシーズン到来です。

まず、ハロウィーンパーティー

今週金曜日はDream
土曜日はLa Rueda

La Rueda では「映画からのコスチューム」というお題があって、私悩んでおります。
先週既にテーマを決めたものの、お望みのベースになる服が見つからなくて・・・

このままでは「おじゃん!」
なんとかしなければ・・・ と言っても、時間がないのでなんとかできるかどうか・・・


次の話題

11月に入った次の週はおなじみの『Bangkok Salsa Fiesta』 2009年版(?)
今年は11月5日から4日連続です。
毎年日本から来る方達は気合が入っているよう。

私は毎年土曜日にしか参加していなかったけれど、今年は金・土と参加する予定です。
金曜日は会場が近いので平日でも行けそうなのと、アルゼンチンタンゴのパフォがあるというので、ぜひ海外からのパフォーマーのダンスを見てみたいと思ったからです♪


詳細は→  Bangkok Salsa Fiesta でどうぞ。

今年もエンポリアム前(野外)が土曜日に当たっていますが、
夜とは言えど、暑いので汗だくになります。
去年と同じ感じなら、会場はまるで人でごったがえす“縁日”って感じになります。
軽装で参加された方がいいですよ~



スポンサーサイト
サルサ ♪ Salsa | コメント(4) | トラックバック(0)

やきいもの歌

2009年10月27日
友達が誕生日のメッセージに送ってくれたYoutubeは『やきいもの歌』でした。

Los Compadres の Boniato Asado

外国人から見ると「そうなのかー」と感心してしまう、なんだかほのぼのする日本語。

スパニッシュなまりの日本語が更にかわいらしい!




おもしろいね。  
MUSICA ♪ | コメント(2) | トラックバック(0)

訪問整体

2009年10月25日
日本で久しぶりに整体に行って、また整体を受けたくなった。

たまたま少し前にこちらのフリー誌に広告が載っていた『訪問整体』というものに興味が向いていて、早速試してみました。外へ行くよりも料金的には高いけれど、それは別に家まで来てくれるからだというわけではないという気がする。。。すごく丁寧にやってくれるんですよ。

今も気持がふわ~としていて、気だるい、眠い・・・

整体師さんは日本人女性。
タイ生活が永く、ある日思い立って脱サラして帰国して、整体師の勉強をして戻って来たとか。
彼女の丁寧な施術に、「整体が好きなんですね」と思わず問いかけてしまったほどです。

あー、体が楽になった!
私は脚の付け根の腱が固いので痛くなりやすいそう。
自分で出来る日常のケア方法も教えてもらいました。

残念ながら、女性専用。


ざくろ
初めてザクロを食べました。
でも、ザクロって食べるって感じじゃないですね。。。ジュースの方がいい。

カイロプラクティック+整体 | コメント(0) | トラックバック(0)

骨盤リズム?

2009年10月24日
ブラジリアンエクセサイズにはまっている私だけど、ここのところご無沙汰です。
休暇のせいもあるけれど、毎日遅くまでの残業も続き、時間がなかったというのが理由。
いくらなんでも寝る寸前のエクセサイズでは目がさえてしまう。

それからブラジリアンエクセサイズをやっていて、またまた整体に意識が行き始めたから。
飛んだり跳ねたりしていて、自分のバランスの悪さが気になり始めた。
これは初めて体の歪みに真剣に取り組み始めた、サルサ開始時と同じ感じです。

少し前に、自力整体の本を引っ張り出して来てやってみて、改めて歪みを実感実証、
また“そちらの方も”続けてみようかなと思っていた。

本だと不便な部分もあるので、帰国したらDVD付きの本を買って来ようと思っていたのだけれど、いざ書店に行って同著者の一連の本を見たら、書き方や編集が違うだけで、本と全く同じ内容だった。
そうなると「本があるからいいじゃないか」と思ってしまう。

その一連の本は新たに購入なしと決定して、それでも何か新しいものが欲しくて、何軒かの本屋で整体関係の本を見て回った。

結果、「お、これはいいじゃないか」と購入したDVD付きの本・・・

      骨盤リズムRPBダイエット

本の中身はほとんどが写真で、ジャズダンスのような感じの動きを解説しているだけに等しいもの。
私はDVDが欲しかっただけなので、本は出来るだけ軽いものがいいのです。
ダイエットを強くうたっているけれど私は骨盤を整える方に興味があって、このジャズダンスみたいなダンスが本当に効くのかどうかは定かではないけれど、とにかく軽くてかさばらないので購入することにしました。

まだ数回しかやっていないけれど、不思議・・・
10分、20分、30分と、時間とその時のコンディションに合わせて選べるよう3種類のパターンが収録されていて、「とにかく毎日続ける」を実行しやすいように編集されている。
10分なんて「へ?もう終わり」という位あっという間に終わってしまうものです。

何が不思議かというと、たった10分で汗がジワ~ッと出て来て、30分で汗が垂れて来る。
紹介されているダンスは本当に簡単なもので、何が効してこんなに簡単に汗が出てくるのか?

流行りの“コアを鍛える”動きだそうで、
体バランスの悪い分意外に腹筋が強い私には本当に軽いプログラムだけれど、汗がでる。

これ効くかなぁ~???
 
本の表紙に「愛講者24万人が効果を実感!」とうたっているけれど、私はこういうものを信じないタイプ。自分で確かめないと気が済まない。
ということで、簡単なので続けてみることにします。

DVDbook 骨盤リズムRPBダイエット (DVD book)DVDbook 骨盤リズムRPBダイエット (DVD book)
(2009/05/16)
あめのもり ようこ

商品詳細を見る


エクセサイズとダイエット | コメント(0) | トラックバック(0)

帰国時の整体

2009年10月24日
長い間整体とカイロにご無沙汰
帰国の折、妹の家に泊まりに行って、母が子守をしている間に妹が近所の整体に行くという。
子守は遠慮したいとなると何もすることがない私、誕生日のプレゼントに一緒に行こうと妹持ちで一緒に整体に行くことになった。

妹は子育て中という事で、区から“子育て応援券” というものをもらっているようで、それが使えるらしいのである。
出所はどこにしろ、妹の持ち分から出るには変わらない。

サンキュ♪

飛び込みに近い私の担当をしてくれたのはそこの副院長先生だという。
フライトの疲れと歩き疲れとで脚の付け根が痛くなり始めたところ、下半身を中心に40分の施術をしてもらった。
マッサージのようなソフトな施術で、筋肉の筋目にそってほぐしてくれ、それが本当に気持ち良かった。こういうスタイルは本当に久しぶりである。

整体やカイロだけに頼るのは無意味・・・
自然治癒という言葉が誤解を招くのか、「そういうもの」と思い込んでカイロや整体にお世話になっていたけれど、最終的に自然に治癒することなどあり得ないと悟って、自力努力を選んでいた私。
しかしながら、本当は自力の努力(運動やストレッチなど)を続けながら医者にも頼るって方法がベストではないかと思う、今日この頃なのです。

そもそも整体やカイロの目的は、ゆがみによって血行が悪くなり固くなってしまった筋肉をほぐすことで体調が改善されるというものなので、たまに他人の力を借りるのも、不健康体の人間には必要なのだと改めて実感させられた、久しぶりの整体でした!

ただ問題は・・・「あ、これこれ!」とつぼにはまるような整体師(カイロプラクター)と出会えるかどうかが問題なのだけれどね。

今回の副院長先生は、実につぼにはまる手腕の持ち主でした。
妹曰く、「副院長先生の施術はすごくいい」ということ。
彼女も時間優先なので指名はしないという。指名をすると自分の行ける時間に取れない可能性があるからというのが理由だけれど、「強すぎてきつい人にも当たっちゃうんだよね」ということ。
施術師が何人かいるクリニックなどはそういうこともあるだろうね。

自分にあった施術師に出会う事、難しいけど大事なことだよね。





カイロプラクティック+整体 | コメント(0) | トラックバック(0)

おたんじょうび

2009年10月22日
いくつになってもお誕生日って、お祝いをしてもらうと嬉しい♪
昨日は私の誕生日、夜はセニョールピコでお祝いをしてもらいました。

平日なのに。。。テキーラを5ショットも!?

気がつくと目の前に中身の入ったショットが置かれてて・・・
「明日も仕事だから駄目だよー!!」と言うと、バーテンダーチーフのテーンちゃんが
「It's not my business」(私のしったこっちゃないから)と冷めた声で、「飲め!何故飲めぬ!!」と。
ありがたいことなんで、結局飲んでしまったけど。

 キューバンバンドからは太陽をモチーフとしたチョーカーを頂き、サプライズ!
    DSC01032.jpg

     La Ruedaのポムちゃんがお仕事の日だったので、やはり可愛いプレゼントをもらい、
               DSC01033.jpg

      もうひとつサプライズのバースデーケーキはバンドのお姉さんから!
        DSC01017.jpg
          YumiのYが欠落して、Umiになってますが(よくあること)
      

マルガリータとテキーラが注がれた私、エンジンがばっちり掛かって踊りまくり。

“明日は仕事” なんてことは、正直忘れてしまったよ(笑)

よい酒は悪酔いしない!
その通り、楽しくたのしーーーーく過ごして、家に帰ってぐっすり寝て、朝はばっちりお目覚めでした。
彼らのおかげで何だかわくわくする新しい年をスタートできたかな?


・・・余談だけど
朝起きたら左のスネが何となく痛く、会社でかがんだ途端、ずっきーん!

昨夜、なんかあったかな???
酔っ払いは痛みを感じないらしいから。
   
       そして、これ↓が一番の送る言葉!! イェーイ!!
       DSC01036.jpg



いろいろなこと | コメント(6) | トラックバック(0)

2009年10月18日
一週間ほど帰国してきました。
午前3時半という真夜中の時間に出かけなくてはならなかったため、最初から寝ることを放棄!
土曜日のLa Ruedaが終わってからそのまま空港へ・・・

そして戻りも土曜日の0時過ぎに到着の便。
1時ごろに家に到着したけれど、まだまだ盛り上がっていたLa Rueda、
丁度キューバのNational DayのパーティーがあったとかでクバノスがLa Ruedaに集まっており、私にお帰りと迎えてくれた。
そんなところに帰って来たので、「帰って来たー」という実感がいつもより増していた感じがした。

たまに帰る日本はとってもいいけれど、やはり私の日常はここにあるのだと思う。


なんでよりによってバーツ暴落のこの時期に・・・と思わないでもない今回の帰国。
目的は免許証更新。
日本の免許証は、一度失効したらもう取る自信がないもんね。

それに秋に帰国するのはものすごーく久しぶりで、それはそれで楽しみでもありました。
やっぱり秋生まれだからか?この季節が一番好きだと感じるのです。


キューバ旅行での出費とバーツの暴落が重なって、
せっかくの秋の帰国だし、1泊旅行くらいはしたいと思ったけれど企画倒れ。
それならばと、年老いた両親を振り回してひたすら食欲を満たす事に専念した。

結果・・・ 今週からダイエットです!


秋の日本、まず気候が最高!
いつでも眠い。。。

日本に帰るたびに思う事は、日本って本当に何でもあるなーってこと。
よく話題に出る“ウォシュレット”は本当にどこにでもある。
(ウォシュレットはメーカー名ですよ、と言われたことがあるけれど、そう呼ばなければなんと呼ぶものなのだろうと考えてしまう。。。)
しかしながら私はちょっと苦手。
便利なものだけれど機械任せで、使い慣れていないせいかタイミングが分からず毎回驚いてしまうので、やっぱりタイ式の手動式が性に合う。

普段は縁のないバスも免許センターに行く時は利用するけれど、そのきめ細やかなサービスに驚かされた。老人や障害者の方でも安心して利用できるように万全をきたしていると思える。


それから日本に限らずだけれど、最近ジャンボに乗ることがなくなったなーということに気づいた。
航空業界も大変なんだよねー
今回利用したNW、日本までの機材は真ん中席なしの小さいもの。
行きは良かったけれど、帰りは大変だった。
ボーディングゲートの前に、私の2~3倍はありそうなアメリカ人が大勢いて・・・
「エコノミーのシートに座るの?!」とちょっと引いてしまった。

で、本当に・・・“埋まるように”座る人々を目の当たりにした。
私の隣のアメリカ人男性はいつも私の方にはみ出ていて、
その隣のアメリカ人のおばさまを見たらそれも納得・・・椅子に座りきれないので、ひじ掛けをあげてしまって大幅にはみ出していたんだもの。
この大きさと重量で、更に大きな荷物も持ち込んで自分と同じ料金だなんて・・・と、なんとなく不公平を感じてしまった(苦笑)


あ、そうそう!
もうひとつおまけの話。
同じ航空会社を利用しているのに、搭乗の際の条件がバンコクと成田では違うのも不思議だった。
バンコクではゲート付近で買ったペットボトルの水も持ち込み禁止で無理やり飲みほしたのに、成田では全くノーチェック。成田ではDFSで購入した酒類もOKみたいだし、ライターなんかも同じ。
成田ではチェックイン荷物に充電式のバッテリーを機械にセットしない状態で入れるなと言われたけれど、バンコクでは全く注意なし。

こういう事があると、このルールは一体どこで決められるのか疑問になってしまう。


      DSC00926.jpg
        房総半島のさきっちょ

                       DSC00931.jpg
                            秋の空

DSC00932.jpg
     庭のみかん
いろいろなこと | コメント(2) | トラックバック(0)

一大事

2009年10月09日
知り合いが日本から来ると言うので、
毎日残業が続いた週末の今日、力を振り絞ってDream Hotelへ行って来た。
本当にしんどー・・・

こんな疲れの中、サルサ場に行くのは不本意ではあるけれど仕方ない。
行ったら行ったでやはり踊ってしまうのである。

La RuedaとDream Hotelとでは客層がだいぶ違っていて、
ホームグラウンド(?)La Ruedaと違って、Dreamでは私も見慣れない人になるのだろう。
同じく私にとって見慣れない人たちに立て続けに誘われて踊った。

残念ながら今夜はリズムに乗れる相手には出会えず、1時間ほどで帰宅。
余計に・・・虚脱感・・・ 

          ぐったり↓


そんな中で一番私を沈ませる出来事が起こってしまった。
これは一大事です!


VanVanがかかった♪♪

疲れていても、やっぱり体が自然に動いてしまう。

動いていたら目の前にいた男性に誘われ、知らない人なのでありがたくお受けした。


 ・・・それが間違いの始まりだった。


VANVANの曲が長く長く感じられ、

 「早く終わってくれないかなー!」とまで願ってしまった!



これって、かなり一大事!
あってはならないことではないですか?!

“踊る” と手首をひねられ痛い思いをするので、ただスローモーションのように動くことにした。

VANVANを聞きながらリズムを無視する?

           なんてこった・・・

相手には申し訳ないけど、
ひねられてから手首は痛いし、相変わらず何をしたいのかわからないし・・・
心ここにあらず、まるで『社交辞令』のように踊り、終わったのでした。


サルサ ♪ Salsa | コメント(2) | トラックバック(0)

日本人は便利

2009年10月05日
日本のパスポートって便利ですよね。(あ、国籍って意味ね)
ビザなしで行ける国が多いし、ビザが必要でも簡単に取ることができるもの。

昔のパスポートは “北朝鮮以外” ってただし書きがあったのだけれど、今はそれすらない。
(それを知る人は、「記載があってもなくても行かないから同じだよ」とよく言っていたものだ)


先週の土曜日、La Ruedaの前でバンドのお姉さんとご主人の話をしていた。
今彼はメキシコのビザ(居住権?)の書き換えに行っているのだとか。

ビザの話をしていたら、目の前に座ってたばこを吸っていたイギリス人の女性が、

「ビザ、ビザ、ビザ! 本当に厄介だわ!」 といきなり会話に参入してきた。

話を聞いてみると
彼女のご主人はタイ人で、結婚しているのに一緒にイギリスに際は毎回大変な書類処理をしなくてはならないらしいのだ。

「本当に毎回、毎回、こーんな(手で20センチくらいの幅を作って)書類の束! 私達ちゃんと結婚していて、彼は私の夫、身内なのよ!!」とうんざりしたように “何なのよあの国は!”と母国イギリスに不満を言っていた。
それから加えて、「日本人はいいわよね」と。

ま、彼女もイギリス人なので立場は同じ。
日本人はいいわよねっていうのは、“もしご主人が日本人だったらよかったのに”って感じの意味ではないかと勝手に解釈をしてみた。


その後バンドの若い方のカップルとの話・・・これはこれでまた勝手が違う。

「日本に旅行へ行ってみたいな」という2人に、私の友達が「ビザが難しいの?」と聞くと、
「キューバ人の場合、日本がいいと言ってもキューバが駄目だって言うのさ」と言う事だった。

どういう意味???

つまり、日本がビザを出したところで、
キューバ政府が「あんたらはタイの滞在を許可されているだけで、日本に行って良いと誰が許可した?」ってなことになるらしい。
下手すると旅行でも亡命と疑われてしまうってこと?


国境を越えることに関しては、「日本人でよかった」と感謝をしなきゃいけないですね。


いろいろなこと | コメント(2) | トラックバック(0)

La Rueda 占領

2009年10月04日
ここ1カ月以上、毎週末なんだかんだパーティーの予定が入っていたもので、
「いつもいる」はずのLa Ruedaは音沙汰気味になっておりました。

今夜はLa Ruedaだ。。。

そう思っていたところ、夜の8時になって「今夜、セニョールピコで10:30」というメッセージが。

あちゃ~・・・
実は、バンドのリーダーのパパがキューバ緊急帰国中なので、親しい友人であるお姉さんの激励に行かなくちゃと思っていたので、私も顔は出そうとは思っていたのだけれど。。。

最近のパーティーにほとんど一緒に参加していた日本人の友達がダンナを連れてLa Ruedaへ来ると言っていたので慌てて連絡して、またまたLa Ruedaを背にして出かけて行ったのでした。


パパの不在中は、バンコクに残留を決意した過去のバンドメンバーがピンチヒッターとしてステージに立っていた。
4人グループである以上、私用で1人でも欠けるわけにはいかないということなのだろう。
ピンチヒッターになれるクバノ、しかも同じギター奏者がいて幸いだったと思う。

考えてみれば・・・週一回の休み以外病気も出来ないお仕事、大変だと思う。
彼らが来てから既に1年が経過、そんな長い間でも「絶対にステージに穴をあけない」
そんな姿勢は本当にプロだと思う。


セニョールピコでは、いつも通り身内で盛り上がった。
私が行った時間が既に10:30
ディナーのお客だったらほとんどお帰りなので、当然そうなります。

私が到着してから一曲もサルサが演奏されなかったので、久しぶりにバッタリ会った知人とカウンターで話をしていたら、クバノHがカウンターのところにやってきた。
「次はYumiのためのサルサだよ」と言う。
「La Candela?」と適当に聞いてみたら、びっくり!
始まった演奏は本当にLa Candelaだった!!


彼らのステージ終了が0:00、さすがに私も 「La Ruedaが恋しい」
いつもならしばらく店にたまって雑談となるので「お先に失礼」しようと思っていたら・・・
彼らも全員で来るということになった。

私達全員がLa Ruedaに揃ったのは0:30を回ったころなのに、まだたくさんの人がいた。
それでも徐々に客が減って行き、かなりスペースが出来てきた丁度その頃、
DJポム(La Ruedaのオーナー)が音を鳴らし始めた。


バンドのお姉さんが「あら? こんな曲は初めてよね?」 と嬉しそうに聞くので、
「今、DJやっているのはポムだよ」と教えてあげた。
日本人の友達も、「なんか乗りのいい曲が続くと思ったら・・・」と納得をしていた。

そうなんです。
バリバリラテン志向の人には、彼女の選曲は体にビビーンと来るものがあるのです。

しばらく端の方で。。。
それでも輪になってかなりスペースを略奪しながら(苦笑)踊っていた私達、
そのうちポムがVANVANをかけると、向かい合ってずらーと2列に並んで大ノリとなってしまいました。

閉店近くの客まばらな場所だし、VANVANでリズムもステップも無視の“くるくる回る系”では踊れないだろうから、迷惑はかけていなかったと思う。
私達を目の前にして唖然として見る人あり、男性に至ってはクバノの足元をじーっと見つめるものあり・・・結構興味深々だった感じがする。

見世物になれたら光栄です(?)

キューバン特有のこのラインダンス、普通にペアで踊るより運動になるような気がする。
ちょうどエアロビクスみたい?

 いい汗をかきました♪
line dance at la rueda

DJポムのエンディングは、VanVanのHavana cityか、Corazon Patido・・・
彼女の持っているCD、Corazon Patidoは10曲くらい全部違うアレンジのCrazon Patido。
手造りの、プレゼントだったらしい。

ラテン&サルサ | コメント(0) | トラックバック(0)

胃痛の原因

2009年10月03日
自力で整体・・・って本がありましたね。


少し前に同じセリフで始めた記事があった気がする。

http://yumizuku.blog54.fc2.com/blog-entry-534.html


ずいぶん前にその本 「自力整体」を購入していた。
あの時はきつくてすぐにやめてしまったのだけれど、
ブラジリアンボディーをやっていて自分の動きのアンバランスが気になりだして、
「やはり整体?」と思って改めてやってみた。

やっぱきついわ。

私の場合は肩と肋骨が大問題であり、一番簡単そうに説明されているパターンが出来ない。
基本的に、本当に体がねじ曲がっているので、普通に出来そうなものがきつい!

さすがに以前よりは出来るようになっていて、
やった次の日に体がグキグキ動いたものだから、
「これは効きそうかも?」と思い、がんばって3日間やってみた。


結果・・・「胃痛」

確かに見た目何かが変わったのだけれど、胃が痛くてたまらない。
しかも普通の胃痛ではなくて、なんだか奇妙な胃痛に襲われている。

そう、体の中が突っ張っているような?
胃にガスがたまりやすいので、ゲップ! なんてしようものなら、胃の筋肉痛を感じるくらい。
あ、内臓(インナーマッスル)の筋肉痛?
そんなものあるの???


これまたずいぶん前の話。
腸の内視鏡検査をしたことがある。
下から内視鏡を入れるのだけれど、
私の腸は複雑に絡まっていて「医者泣かせ」だと言われ、
1人目の医者はGIVE UPして、2人目のベテラン医師に交代したという経験がある。


考えるに・・・ 自力整体は効く!

しかし私のように長年体の中がらせん状で生きてきた人間には、
即効性のあるものはヤバイのかもしれないな~。


と思いつつも、胃痛がもうちょっと収まったら、懲りずにまたやろっと♪


美容×健康 | コメント(0) | トラックバック(0)

ぼっちゃまのお誕生会

2009年10月01日
昨夜は早々と仕事を切り上げて、
以前から声をかけて頂いていた、友達の息子の誕生会に行って来た。

その息子とは、
彼が生まれる前にベビーシャワーに呼ばれて盛り上がったお宅のぼっちゃま。
そう、日本Xメキシコ(と言ってもアラブ系の)、やっと1歳です。
会場となったのは、以前La Ruedaの並びに屋外でファーストフード風に営業していたメキシカンの現在の店・・・ 引っ越したとは言え、比較的近所にある。

店は小さいながらも、メキシカンピンクを基調にしたかわいらしいお店。
私がよくいくセニョールピコはどちらかというとゴージャスな感じで、こちらは日本で言えば居酒屋風かしら? メキシコ人がアメリカナイズされている各国のメキシカン料理に反発して、「リアルメキシカン」を強調するだけあって、家庭の味って感じかもしれない。

雨が降り出しそうだったから急いで行ったら、約束の時間19:30ぴったりに着いてしまった。
「着いてしまった」というのは、特に今回のメンバーは時間通りに来る人間などいないことがわかっているので、遅れて行くくらいがちょうどいいのだ。
案の定、早い人で30分、遅い人はだらだら~・・・平日だから仕方ないってこともあるけどね。


主賓のお坊ちゃまが到着したと思いきや、案の定お休み中。
特に昨日は爆睡状態で、周りがどんなにうるさかろうが、おばあちゃんが足を持ち上げてみたりしようが、全く起きる気配なし。

ところがいったん起き始めると・・・丁度難しい時期なのか、ぐずって泣き続け。


普通で考えると、子供の誕生日に親の友達を大勢集めてパーティーっていうのも珍しいと思うけれど、「何かしてあげたい」という、故郷遠くに住むママの気持ちなんだろうと思う。
お坊ちゃまにはまだわからないだろうけれど。


そんな中、最終的に私達が盛り上がってしまったものは、「手相」
参加者の中に手相を見れるという素晴らしい女性が!

もちろん私も見てもらったけれど・・・不思議ですよね。
人間って、占いや手相なんかで図星を当てられると「すごい!すごい!!」って嬉しくなる。
自分がそう思っていることを指摘されただけで、本当にそうなのかは誰もわからないだろうと思いながらも、「当たってる!」と思う。

私の手相は比較的変わっているようで、「もしかしたら二重人格かもしれない?」なんてことも言われてしまった。(苦笑)

女ばかりで盛り上がっていたら、メキシコ人のパパのお兄さんやお父さんまで両手を広げてやってきて「見てほしい」という始末。
メキシコ人が大喜びで手相を見てもらうって、何気におかしくない?

ラテン&サルサ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。