04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

PC内の整理

2011年05月29日

イチデジの画像を取り込む時に大変な事になるぅ~~~


とにかく容量が大きいので気を付けて処理をしたんですが・・・


「ハッ!?」と思ってゴミ箱を開けてみた9GBも入ってたよ(汗)


処理済みでメモリースティックに写したものを捨てたのがそのまんまだった。

で、ゴミ箱も空っぽにして・・・


しかしながら今回処理した画像数なんてそんなに多くない。
少しはPCのメタボ解消をしてあげなくては・・・と思い、入っているソフトウエアなどを閲覧した。

私の愛用しているDynabook、そういえば買った時からいろんなものが搭載されているのだね。
使い始めてから3年以上になるけれど、いくつかのソフトは見たことも開いた事もなかったりするので、容量の大きいものを優先して削除してみた。

1GBもいかないかな・・・


そうそう!

先日ダウンロードした、IE9は大失敗!!


速くなるって言うから頑張ってダウンロードしてみたけど、全くお話にならない不調発生!
しかもネット上での日本語入力がおバカになってしまって、「ひらがな」が表示されているのにローマ字しか入力できなくなった。



よって本日アンインストールを済ませました。


・・・私の時間を返して・・・  

スポンサーサイト
いろいろなこと | コメント(2) | トラックバック(0)

パパラッチ VS クバノス

2011年05月29日
お気に入りイチデジをMi Hermanaとパパに見せに行った。

舞台はいつものセニョールピコなんだけれど、カメラが明るいのでコンデジと違って、暗い店内でもきれいにうつるんだね~
モニターで見た画像はコンデジとあまり変わらないんだけれど、後で加工してズームしたらやっぱり違う。


Mi Hermanaは「おーい、専属パパラッチ」と私を呼ぶの。。。


しかし・・・

恐るべしクバノス・・・


彼らには隙がない!


写真大好きな彼ら(撮られるのが)は、写真を撮ろうとすると「写真モード」になってしまうので、いつも同じような感じで写ってしまい、撮る方としては面白くないのだ。

なので気付かれないように隙を狙うがごとくに撮ろうとするが。。。


絶対どっかに写真センサーがついてるはずだっ!!!


一緒に行った友人が、「パパラッチ敗北」とつぶやいた。
本当に完全な敗北であった。

だいたい、若いクバニータはフルート吹いてても停まってカメラに向けてポーズ取るし・・・



    9 CSC_0248
      ぬり絵モードであそんでみた♪




    1CSC_0240
     彼らの仕事が終わってから、ホテルの向かいの道端で缶ビールで一息
     パパの宝のギターがいい場所にいたのでカシャリ♪

Cuba ★ y Cubanos | コメント(0) | トラックバック(0)

突然ですが

2011年05月26日


やっぱり水戸黄門は東野英次郎さん!




帰国時、TVで再放送をしていたよ。

「あー、私にとって水戸黄門様ってやっぱりこの人」と懐かしく見入ってしまいました。


   img_868213_59875260_0.jpg
    (黄門様ファンの方のブログからお借りしました。。。)

いいですねぇ~

もちろん「ドラマの中の」ではありますが、こんなお方がトップだったら、
みんな、みんなが幸せになれそうです。

つぶやき・日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

お土産 HIT!

2011年05月23日
今回買って行ったお土産がヒットしました!!

           オクラです!


    DSC02965.jpg

オクラ丸ごとフリーズドライ
このままボリボリ頂く。

あまりにおいしかったのでお世話になっている方と、我妹に買って帰りましたところ、
妹より「オクラまんまの味でハマる」とのコメントが。

これはタイロイヤルプロジェクト(王室プロジェクト)の商品です。

これと『ブロッコリー』のも買って行ったんですが、
ブロッコリーは野菜の甘さが残っていて「ウマイ!」ということ。
(私は未試食)

安くて、おいしくて、ヘルシーなのでお勧めです。
(しかも軽い)


   DSC02966.jpg

市内のショップなら35バーツ、空港内売店だと100バーツでした。

いろいろなこと | コメント(0) | トラックバック(0)

浅草へお参りに

2011年05月23日
日本で大変な事が起こって現在進行中。

そしてアメリカさんがものすごい事をやってくれちゃったこの時期に、友人のお嬢さんがNYにバレエ研修に行くという話しを聞き。。。

半年前に帰国した時は元気だったお隣のおばさんが、私がバンコクに戻った直後に倒れて現在も動けずリハビリ中。。。


私自身もしばらくずっとストレスに悩まされる状況にあり。。。


取った行動は 「神頼み!」


久しぶりに浅草にお参りに行ってきました。


千葉県民としては「是非成田山へ」と思ったけれど、結局は江戸へ行ってしまいました。

浅草は、東京都内の中でも私の好きな場所で、もう長い間行ってなかったのです。
観光地化していたって、それも浅草のよいところ。
おのぼりさんを満喫してきちゃいましたよ。


浅草と言ったら雷門、仲見世を抜けて浅草寺ですね。
浅草寺の片隅に祀られた浅草神社もお参りして、最近話題という今戸神社まで足をのばしました♪

パンダバスっていうのが走っていると聞いたけれど、見かけず・・・
代わりに神社っぽいデザインのミニバスが走っていたのでお世話になりました。
へんてこな名前・・・忘れちゃった。


   DSC_0006.jpg

| コメント(2) | トラックバック(0)

イチデジ入門

2011年05月23日
やっと、やっと、イチデジを手に入れました。

パチパチパチ(自己陶酔の拍手)


初めてのイチデジに選んだのは、ニコンのD3100!
レンズキットで購入しました。

ズームって大きいから「どうしよう?」と考えたけれど、イチデジの使い方すらわからない初心者なので、ここはメーカーお勧めに従った方がよさそうって事で、素直に『お得』なセット購入を致しました♪

日本の帰国に合わせて購入し、短い滞在時間で少しは勉強・・・
と思ったけれど、結局すべてオートで済ませてしまいました。ははは・・・


しかしですね、やっぱりコンデジとは比べ物になりません。
まずは色、そして画面に収まる範囲が広い!
肉眼で見た画に、こんなに近いなんて・・・本当に感激です。(うるうる)


          DSC_0186.jpg

一瞬に現れて去った噴水の虹・・・撮れちゃった!

うぉ~~っ!写った!!!!

と、自分で驚き感動。

   DSC_0059.jpg

ノルウェー・・・ただし千葉県内の。(おほほほ)


おぼっちゃま達、おじょうちゃま達に休みなく「いいこ、いいこ」をされ続けていたヤギさんですが、カメラを向けたらポーズをとってくれました♪
          DSC_0161.jpg
             もしかして、私に助けを求めてた??


思っていたほど、見たほど、重たくはなかったので、持ち歩いていても苦にはなりませんでしたが、やっぱり『撮りたい時にサササッと出してカシャ!』というわけにはいかないですねぇ。

シャッターは驚くほど素早い。

走っている電車を撮ってみたら停まっているみたいに撮れた。

子供が動き回っているは連写して、可愛い写真を選んでみた。

・・・

まー・・・ 何より、「脱、オート」

当面の目標です。

写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

平社員のつぶやき

2011年05月08日
津波以降、毎日のようにネットでニュースを追いかけている。
TVニュースがあったらもっと楽なんだけれど、ないものはないので仕方ない。

かなり以前、TVの被災地生中継ネットのライブで見られた頃に一度つぶやいた事がある。
「東電」の話。

日本にいない私が言うな!という事かもしれないけれど、いないから客観視できる、そして疑問に思う。
(いないったって、私の両親も兄妹も関東に住んでますから)

東電の給料がカットされ、カットされる率が「甘い!」とか・・・
ボーナスが出るのはけしからんとか・・・

いろんな声が聞こえてきますが、何で日夜がんばって働いている社員までとばっちりを受けながら文句まで言われるんでしょう?社員の方も被災者であり、しかも責任を取るように原発で危険を冒して働いているわけでしょう?

確かにこういう時には、社長や幹部は大変なのは当然。
「管理不行き届き」の責任を取らされて減給やボーナスカットも十分納得する。
そのための立場であり、そのために普段からお給料沢山もらっているわけだし。

一企業の一平社員として働いていると、当然こんな事を思う。

私自身は自国にいないと言っても実家が関東にある。
過去には自分自身も何も考えず電気を使い、今も当然家族は東電のおかげで電気の使える生活を維持している。

東南アジアにいると・・・
ベトナムに住んだ頃は停電が頻繁にあって生活の不便を感じた。
バンコクはほとんどなくなったけれど、停電の時は理由がなんにせよ、電気が通っている事に感謝する。

福島県の原発被災者の方々が東電に怒るのは十分納得できる事。
「安全だって言っていたじゃないか?!」当然ですよね。
しかも現状・・・一体何をしてくれるのか具体的な話が全く出て来ない、先が見えない状態。

同じ立場に立ってみなければ恐らくその現実を理解するのは難しいと思うけれど、
家に帰れない、身の回り品や家財道具は家にある、仕事も出来ず収入も確保できない、人によってはペットや家畜まで失った。。。等々
実感できない・・・から逆に厳しさが伝わって来る。

反して、今まで電気を使いたい放題使わせて頂いていた福島県以外の人々が、多少影響を受けたという理由で東電に言いたい放題文句を言うのは違うと思う。

「福島の人達の気持ちになって」というのであれば、黙った方がいいと思うな。
だって忘れちゃいけないのは、東電社員の多くが福島県民で同じように被災者なんだから。

もっとズームアウトしてみると、責めるのは東電以前に政府でしょ。
原発なんて大掛かりなプロジェクトが一社の意思だけで作られるわけがなく、当然お国の管理下でしょう?
信用して東電に任せていたなんて話が通るんだろうか?

政治に疎い私でも、今の政府、今回の災害後の政府の行動には箇条書きでいくらでも「何故?」が並べられるほど、お粗末だと思う。

原発はもっと古くからあったわけで、今の政府だけの責任じゃないって言ったらそうかもしれないけれど、何で政府は原発の安全基準の再確認なんかをせずにきたのか。。。

後で何かを言うのは簡単。
けれど一般の国民が、何かが起こる前に何かを思うはずもない。
起こってから事故の原因やら状況やらを説明されたってチンプンカンプン・・・で、何が悪かったの?って感じだもの。専門家を動かせる国が気を付けていなければいけない事じゃないの??


上席の人間が何をしていようが、自分の待遇がどうであろうが、生活のために自分の仕事をもくもくとやり続けなくてはならないような平社員の立場から言わせてもらえば・・・


実務をこなした東電社員への給料カットは反対!
ボーナスなしも反対!

ついでに「もしも自分が今の東電社員だったら」を想像して追記。
「うちだって今はお金が必要なんです!」

これって当然じゃないかな?

更に、国家公務員も頑張ってますので、政府の方々とは切り離して考えて頂きたいですね。

ここはひとつ、役員以上の高給取りな方には生活必要範囲のお給料でしばらく頑張ってもらって、ついでに内閣の大臣様方にも、今は貯蓄や個人の政治資金などはきれいに忘れて、頑張って生活のやりくりを体験して頂くって事ならどうでしょう?
それぞれのお給料をカットした分は強制的にダイレクトに「損害金箱」に持って行くとか。
どのくらいたまるかな?


東電つぶしたら、電気はどこから来るの?


今の政府が代替をすぐさま用意するとも全く思えず。

こういう状況に陥った時、「自分達の給料をカットして」と言いだすようなトップがいたらな~と思うのは、美しすぎるでしょうか?
「昔の話」ということでは、会社と社員の生活を守るため、無償で頑張った社長の美談などが結構あったと記憶していますが。

どこかの平社員がこんなにつぶやいてしまうのは、民主党と官総理のそっくりサンが身近にいるからなのですが(苦笑)。

つぶやき・日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

ビジネスのアイデア

2011年05月08日
かれこれ17年のお付き合いになる、細くなが~いお付き合いのタイ永住組(恐らく)の友人と久しぶりに会った。午前中に彼女とテニスをしてきたという他の友人も一緒で、1人は先日16年ぶりに再会をし、もう1人いた方はお初ながら、以前仕事で知らずに電話で話した事があったのがわかった。

なんと日本人社会とは狭いもの。

細く長いお付き合いの友人と仕事で話した事があるという2人のご主人はタイ人。
もう一人のご主人はアメリカンベトナミーズ。

同じタイ人のご主人を持ちながら、それぞれの子供は日本語教育とタイ語教育に分かれ、一方は「長い間タイ語を話していなかったから、うまく話が出来ない」と言い、もう一方の一緒にいたちびっこ嬢はほぼタイ語一本、聞くのは少しわかるし、「わたし」「猫」「怖い」「可愛い」などという単語がおませなタイ語のところどころに入って来る程度。

本当にいろいろで面白い。


ちょっとしたお手伝いをした後、皆でシンガポール式チキンライスを食べに行き、その後は私の細く長い友人宅にコーヒーを飲みに行った。
「何故ご自宅でコーヒー?」
今まではなかったお誘いなので、ちょっと疑問に思ったけれど、行ってみて納得。

ご主人が住宅街のご自宅で店を作ってしまったようだ。

このご主人は日本の大学院を出ていて日本語堪能。
学生時代は学生運動(タイで)に参加し、片足のひざ下を失ったけれど、全く不自然な動きも見られず、言われなければわからないほど。
数年前はいきなりロックバンドを初めて凝り続け、髪を伸ばして後ろで縛っていた。

しばらく前から「落ちついてビジネスにいそしんでいる」と聞いてはいたけれど、今度はいきなりお店。

長年ビジネスの先生をやっていたけれど自分で会社以外の経営をしてきた事がないから、小売業をやってみたくなったそうだ。
こだわりはコーヒーと自然食品。
店の前の壁にずらーと並べられていたきれいな緑色・・・よく見るとサラダ用の野菜だった。
「一株15バーツ」と貼られていた。

種を仕入れて来て栽培して販売している。

これを見た時、すごーくいいなぁと思った。
私は無洗のミックスサラダをスーパーで買ってきていて冷蔵庫には欠かさない食材となっているけれど、1週間も持たずにしなびてしまったり溶けてしまったりするので、スーパーに行く時間がないとサラダなしの夕食となる。
家の近所でこういった新鮮な葉っぱを、食べる時に食べる分だけ買えるってのは相当な魅力だわ。

コーヒーはタイの豆を使っているけれど、私の頼んだアイスラテには牛乳が使われていておいしかった。
タイではコンデンスドミルクを使うところが多いので後味が甘ったるくておいしくなのだ。

タイ産日本米も置いてあり、近所の日本人と思われる女性が子連れで買いに来ていた。


こんな住宅街でいきなりコーヒーショップ件売店を作ってしまうとは。。。
さすがカリスマキャラのお父さん。

お土産に野菜を4種類頂きまして、食べるまで台所の流しに、お花のように活けられています(笑)


外国人の家族やご主人のいる彼女たちの生活スタイルと私の生活スタイルってまるで違う世界だけれど、だからこそ、こういった時間が新鮮で楽しいとも思えた。

つぶやき・日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

キューバのパパ

2011年05月07日
キューバのパパといったら、「物静か」というイメージが定着しつつある。

昨夜、いつも通りにセニョールピコに行くと、あるクバニータのパパが一緒に来ていた。
パパは1週間前にキューバから到着したらしい。
初めての海外だそうだ。
ちょっとアニメに出てきそうな、ちょっと“大仏”をイメージするような、そんな外見のパパ。
何だかかわいい♪

娘はキューバの“ムラタのおばさん”を連想させるようなどっしりとした体格、で、めちゃ明るい。

この親子を見ても、「お母さんはきっと活発で仕切りやなクバーナなんだろうな」と想像できる。


私が出会った友達のパパ達は皆物静かで落ち着いた感じである。
恐らく、奥さんがバリバリのキューバ女性なんだろうなとも思う。


同じ端子同士だと反発するんだろうね。


Mi Hermanaと夫の“パパ”はどちらかというと逆転タイプだと思う。
ママとは全く違った感じで、どちらかというと亡くなったパパの性格に似ている気がする。

夫の“パパ”は・・・年齢がかなり上だということもあるだろうけれど、しっかり者で、まさにリーダータイプ。
Mi Hermanaはそれについて行くって感じのタイプ。
2人が喧嘩したり、言い争いをした事は見たことも聞いたこともない。

私がキューバに行った時に訪ねたManigarawaの友人の家、パパとママは既に他人になっていた。
パパもママもしっかり者で行動的なタイプ・・・同じ端子だったのかもしれないね。

キューバだけではないけれど、とりあえず一例としてキューバのパパ・・・
娘が母の若い頃と同じなのか、セクシーに明るく踊りまくる姿を目を細めて見ている。
そのうち無言でダンスに参加していた。

パパーズ、かわいい!


余談ですが、

昨夜は現在進行形、「Cinco de Mayo」のプロモーション中。
そのプロモーションに反応した友人が一緒だった。
700バーツ(++なのでNetではないが)で指定のドリンクなら飲み放題。
彼女はまずビール1本を飲みほし、サングリア3杯マルガリータ3杯を3時間ちょっとで平らげた。

完全に元は獲得!
ビール1本とカクテル3杯で既に元の金額にはなっているはずである。
プラス、チーズボールやワカモレなどのメキシカンスナックがジャンジャン出て来て食べきれないくらい。
私は対象外の飲み物2杯で既に500バーツでしたから、やっぱりホテルの大盤振る舞いだと思った。

残念ながら、連休の続く中の週末、それほど沢山のお客さんには恵まれなかったけれど。
Cuba ★ y Cubanos | コメント(0) | トラックバック(0)

Cinco de Mayo イベント

2011年05月02日
ちょっと宣伝です。

バンコクレンブラントホテル内メキシカンレストラン

   セニョールピコ にて、


5月5日(木)~7日(土)の3日間、メキシコの記念日『Cinco de Mayo』のお祝いがあります。

700バーツでビール飲み放題スナック付き。
ビール以外の飲み物は「スタンダードドリンク」って言ってますが、ごめんなさい、詳細不明

ただ、毎週金曜日はカイペリーニャとモヒートが150バーツネットで、
キューバ人によるサルサナイトがありますよ。
サルサナイトと言ってもクラブのように踊れるわけではないですが、クバノが相手になってくれます。

メキシカンのお祝いなので恐らく・・・ラテンディスコ状態になるかも。

ラテン&サルサ | コメント(0) | トラックバック(0)

まるで「ジム」

2011年05月01日
昨夜のラルエダ、シドニーからのゲストDJあり!

彼はキューバン大好きDJ
もちろんDJなので自分の好みだけをかけていてよいわけではない。。。が、

「前回はバランスよかったけど、今夜はキューバンに偏り過ぎだった

店が終わった後にオーナーポムがちょっと辛口コメントをつぶやいていた。
私も何度か「この曲じゃ、ほとんどの人踊れないんじゃない?」ってDJに言ってみた。
DJは笑いながら「そうだと思う」

・・・マジ、酔っぱらってハッピーになりすぎていたようだわね(笑)


おかげで、私はめちゃくちゃハッピーでノリノリでした。


残念ながらキューバンを踊る人はほとんどおらず、
だけど好きな音楽聞けるって嬉しいもんね。

ノリノリDJにも何曲か誘ってもらいました♪


いつもの上げ底ブーツが修理中だったので、ダンス用スニーカーを履いていた。
スニーカーだからよけに動きが軽くなる。


走る、走る、走るーーーー


そんな感じでキューバン踊って汗だく。

スニーカーだったから余計にそんな感じになったのかもしれないけれど、
まるで「ジム帰り」


サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |