10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

MAI KITCHEN

2011年11月27日
スイスからの友人のために、屋外に座れるレストラン探しを致しました。
ヨーロピアンは外の席が好きなんですねぇ。

まあ確かに、乾季のバンコクの夜ともなれば、屋外の風も気持ち良い。

あまりグルメでない私は困りました。。。
たまたま見たフリーポストに広告が載っていて、ビルの上の方の階のプールサイドって事でここを選びました。

    MAI KITCHEN

私個人的には、ガーデンスタイルのレストランの屋外はあまり好みではない。
風が通らないのと、まず蚊が多い。
ヨーロピアンと一緒だったら、たぶん攻撃されるのは「私」

高層階の気軽なディナーということではソイ16のロングテーブルもよいのだけれど、ここは眺めはいいが、飲み物も食べ物も高い割にはおいしくないのが欠点。(って、致命的?)

久しぶりに会う友達に初めての場所という事でドキドキしたけれど、2人ともすごく喜んでくれたので正解でした。

今の時期だから(洪水災害)?

土曜日だから?

知名度が低い??

土曜日だと言うのにガラガラで、屋内に1カップル、屋外に私達ともうひとテーブルファラン2人組がいただけででした。
食事はちゃんとした日本料理。
とりわけ「おいしい!!」と騒ぐものではないものの、無難です。おいしく頂きました。

ここの魅力は広々としたプールサイドの席を取れば、ゆっくり雑談を楽しみながら飲食できる感じだろうか。

DSC_0001.jpg
ファラン一番人気と思われる、カルフォルニアロール

     DSC_0003.jpg
と、サーモンの握り

DSC_0013.jpg
テラス側からのぞいたレストランの中

                DSC_0008.jpg
                ボケてますが、席からの眺めです。
スポンサーサイト
バンコク/タイランド | コメント(0) | トラックバック(0)

Welcome! AF-S Nikkor 35mm 1.8G!

2011年11月27日
お題の通り、新しいレンズを買ったぞー!!

正直、ズームレンズと単焦点レンズの違いというものを今一つ理解していなかったのだが。。。


単焦点レンズはいわゆる・・・そう、昔訳も分からずいじっていたペンタックス一眼のレンズそのものだったことが今更ながら理解できた。(そんなレベル)


ズームレンズは便利だけど、何か今一つ一眼としてのインパクトに欠けていて、
それはもちろん自分の腕のせいだということは理解していながらも、その違いの何かがどうしても知りたかった。

そんな事が大きな理由の一つでもあったのですが、それ以外には、「明るいレンズ」というものを知りたかったという大きな欲望があり、

それからしばらくの間、「50mmか?35mmか?」という事に悩んだのでした。


ズームレンズを35mmと50mmに固定してそれぞれの違いを見てみたけれど、やっぱり分からない。

ネットの情報をかき集めて、ようやく「35mmにしよう」と結論を出した。
私の写真は人物より風景の方がめちゃおおいので、たぶん35mmで大丈夫でしょ。。。というのが考察の結論。


日本での価格は安いけれど、円高の影響で安くない。
バンコクでもNikon Thailandが同じものを販売しているので、早速ここで買おうと決意した。

市内の専門ショップだと定価通りTHB7,900、現金で購入すると3%ディスカウントがある。

パンティッププラザだと、プラザ内共通価格はTHB7,500バーツ。
プロモーション中のため、HOYAのレンズフィルターTHB450がTHB150になっていた。

パンティッププラザで

最初の店では50mmしか置いていなくて、「D3100に使うんだったら50mmの方がいいよ。35mmだと太って映るよ」というコメント付きで50mmを勧められた。説得力まるでなし、笑いながらその店を去った(笑)

2軒目の店には両方置いてあったけれど、やっぱり50mmを勧められた。理由は35mmだと近すぎる、50mmの方が人気がある。。。ちなみに、50mmはTHB6,800 でした。
このお店のお姉さんは何となく信頼が持てない感じで、もう一人高いレンズを求める客が入って来たとたんに私は放置され、それでも対応を待っていると、時々「で、どうするの?」と聞く始末。
もちろん「ありがとう」と言って店を出た。

次のお店は商売繁盛だった。
しかしながら、多忙の中でも感じのいい中国系のお兄さんがレンズの前に立ち止まっている私に対応してくれて、彼の説明では「50mmだったら人物を取るのに丁度いいよ。35mmだったら人物もそこそこOKだし、風景を撮るならこっちの方がいい」ということだった。
事前に調べに調べて来た情報とほぼ一致したので、ここで「35mm G1.8」に決めたのでした。

DSC_0032.jpg
いつもの場所のいつものアヒルちゃんが、こんなにかわいく撮れた!



DSC_0041.jpg
今まで暗すぎてほとんど写らなかったモノ。さすがにG1.8くらいまでいくと写る事に感動。



DSC_0014.jpg
こちらも暗くて「写るかな??」と思って写した風景。暗すぎてピントが合ってるのかどうかもわからないままシャッターを押した結果なのに、こんなにきれいな色が出ていた。

そう、レンズが肉眼より明るい。
なので暗いところはピントが合っているのかどうか、特に目のあまりよくない私には困った事だ。

一眼初心者がズームレンズから単焦点に切り替えたわけなので、最初はうっかりピントを合わせるのを忘れていて、まるでコンデジのように撮ってしまった・・・結果、もちろん「・・・」

ズームレンズもレンズをマニュアルモードで慣らしていればそんな事もなかったのだろうけれど。
これからが本格的なイチデジ修行の始まりなのかもしれないな。
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

ここは何も変わらず

2011年11月23日
スイスから友人がやってきた。

ここ2年ほど来ていなかったけれど、毎年のようにこの時期に太陽を求めてやって来るのだ。


この洪水災害、外国では大変な地域だけズームアップされているから、寸前まで心配していたみたい。
当初は私も「時期をずらしたら?」と提案したものの、航空会社がキャンセルを受け付けてくれないと言う事もあり、決行。

まぁ、3週間くらい前まではこちらもどうなるか全く予想がつかなかったので延期を勧めたけれど、一週間くらい前ぐらいには、問題ないだろうと思えるようになったから。

バンコク中心部はおかげさまで何事も起こらず、平常通り。
一時は飲料水売り切れ事態に陥ったけれど、今は500mlボトルならどこにでも置いてある。


会社には運悪く被災してしまった社員が何人かいるけれど、どうしても家に帰れない状態の社員は会社がホテルを取ったり、アパートを借りてあげたりしてつないでいる。

それでもバンコク市内なので、1ヶ月くらいで何とかお家に帰る事は出来るだろうと言う


北の被災地はまだまだ大変な様子です。


バンコク/タイランド | コメント(0) | トラックバック(0)

キューバ人の嗜好

2011年11月20日
ラーメンが食べたい

もちろん日本のラーメンですが、キューバ人が希望すると思うと、何となくおかしい。


先日ラーメンを食べに行って。。。

私が頼んだあんかけ焼きそばを試食して、「今度行ったらあれを注文する」

カリカリのそばにあんかけが気に入ったようだ。


夕べ久しぶりにLa Ruedaで飲み会をして、日本食の話で盛り上がった。


Mi Hermanaがインスタントみそスープはどこで買えるか?と以前聞いてきたので、
ついでに日本人御用達のスーパーに連れて行き、教えてあげた。

同じブランドでパッケージが色違い 「これは何が違うの?」

減塩とそうでないのと・・・

しっかり減塩の方をお買い上げ。


クバノベースマンにその話をしていて、彼も買いたいと言う。彼は味噌汁が好きなのだそうだ。


突然、すき焼きの話。

最近できたTerminal21というショッピングモール内に、牛角系列のすき焼き・しゃぶしゃぶ食べ放題の店がある。ベースマンはいち早くそこに連れて行ってもらったと言う。

「すごいおいしいよ!!」

私の想像通り、すき焼きは彼ら好みらしい。


10月に、用事があってキューバに一時帰国していたパパが戻って来て、体調を崩していた。
コレステロール値や血糖値が上がっていたらしく、それが体調不良を巻き起こしていたと思われ、
私は、私が試した「桑の葉茶」を勧めた。

キューバに約2ヵ月間戻っている間にメキシコとの間を2~3往復し、いろいろとストレスのたまる多忙な時間を過ごしていたらしいし、キューバにいてもドキュメントワークやらに追われ、食事もキューバにいればキューバ式。
健康を損なう条件があったのでしょう。


もともと紅茶や緑茶を砂糖抜きで(普通に)飲んでいるパパだから、桑の葉茶も全く問題なし。
今は夫婦2人して飲んでいるとのこと。
「おいしいし、いいよ」って。

その成果なのかは未確定だけど、パパの血圧が少し下がってきたそうだ。

余談だけれど、この桑の葉茶、英語でMullberry Teaというのだけれど、最近タイで生産しているので安価で手に入ります。ティーバックなのでお手軽に飲めるし、食前に1杯飲む習慣を付けると、健康にもダイエットにもいいらしい。カルシウム、カリウム、ビタミンB1、B2、亜鉛、鉄分を含むお茶。


とにかく、彼らはタイ料理もあまり辛くしなければこのんで食べるし、日本食はかなり気に入っているみたい。
おいしいのもそうだけれど、おいしくて健康に有益だってところが愛すべきところなんだろうね。


反面、若いクバノスは食に保守的な人が多いね。
若いクバニータなどは好きなものがはっきりしていて、タイ料理や中華料理でさえあまり好きではない。
以前バンドのメンバーだった若いカップルもそんな感じだったしね。

若者が保守的で年寄りはチャレンジャー・・・これって日本と逆な感じ。

Cuba ★ y Cubanos | コメント(0) | トラックバック(0)

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON

2011年11月16日


もうひとつ映画。。。TVで(苦笑)



   HOW TO TRAIN YOUR DRAGON



日本題は「ヒックとドラゴン」?


既に2回もTVで遭遇して、見ちゃいました。


だってこれ、めちゃくちゃかわいい。

知らなくてごめん!!って感じよ。



本当にきれいなCGアニメーションで、ドラゴンの動きが可愛い。

これって・・・ワンコ?

犬だよね?どう考えても。

デザインはコウモリだけど、性格はワンコ。



こういう映画って、ホッとするよね。


  smile_20100327124202.jpg


映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

Chungking Express

2011年11月16日


日本のタイトルは  「恋する惑星」

広東語の方は「重慶森林」


テレビをつけたらやっていた。


なつかしいなぁ~
残念ながら後半半分(フェイウォンとトニーレオンのところ)しか見られなかった。


これ、1994年の作品だったのね。


まだ私が香港にいた時だってことは覚えていたけど、いつだったかは忘れてた。


本当にこの映画は香港映画にしては珍しいストーリーだったわ。

でも・・・

ロマンチックっぽく感じるようで、考えてみれば怖いよね?
知らないところで他人が自分の家であれだけの事をやっちゃうって??


1994年・・・
丁度1994年~1995年はバンコクに住んでたんだけれど、その前後は香港。

映画の舞台はまさしく私の住んでいた街で、本当に懐かしい。

香港島のエスカレーターの辺り、今ではおしゃれに大変身しているけれど、
当時はまだまだ香港の古い町並みが残っていた。

九龍側に住んでいたけれど、住むだけだったらあの辺りの方が風情があってよかったわね。


映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

笑ってしまう

2011年11月15日

誰が考えるんでしょう。。。


         376505_165233826906215_148658651897066_278261_1584033677_n.jpg


本当にこんなものがあると素晴らしいんですけどねぇ。。。
いきもの | コメント(0) | トラックバック(0)

思い出の濃いうちに

2011年11月14日
              DSC03503.jpg

    
     DSC03505.jpg


     DSC03506.jpg


    ワシントン大学です!


って、空しか映ってないねぇ。

以前、ワシントンって言ったら「ワシントンDC」の事かと思っていて、
ワシントン州って東側と西側両方にあると思っていた。

もちろんずいぶん昔の話ですけど。

毎日すぐ目の前に行っていたけれど、大学の中に足を踏み入れたのは2回だけ。

「こんな感じなんだぁ」という事が分かれば満足というわけで。

映ってない地面の方、ちゃんと覚えていますから。
2011年シアトル | コメント(0) | トラックバック(0)

時の経つのは速いもので

2011年11月14日
気がつけば、11月ももうすぐ半分。

バンコクも少し涼しくなってきた今日この頃。。。
郊外であふれている水は相変わらずのようだけれど、少し水位が下がったとも耳にする。

スーパーの飲料水は以前ほどではなくなったものの相変わらず品薄です。


ちょっと前のような、だいぶ前のような、シアトルの思いで。
友人の話では既に寒くなっていて、外に出るのが嫌な毎日だそうだ。


    alki beach
トム ハンクス+メグ ライアン の映画、スリープレスシアトルの舞台ともなったアルカイビーチ(Alki)
丁度この頃は汗ばむ陽気だったけど、今頃は冷たい風がビュービューなのでしょう。

    alki side

    bay water
近くに水上バスの乗り場もあるような都会なのにこの水の澄んだ事!
寒いところの海の水らしく、遠目で見ると黒っぽいんですが、近寄ればこの通り。


    at the balcony
この日は、このビーチ沿いに住んでいるタイ人奥さんとアメリカンご主人のカップルに夕食にご招待を頂き、ありがたくおよばれしたのですが。。。
汗ばむ陽気にこの風景、ビールがおいしかったのなんの。
とは言え、この写真を撮った夕暮れ間には急に肌寒くなってきて、ビール2本目はお家の中で頂きました。

    thai dinner at seattle
アメリカンのご主人ご自慢の料理上手タイ人奥さんが作ってくれた豪華なタイ料理。タイからシアトルに来てタイ料理?と思われそうですが、素材もよければ腕もよいので、バンコクでもちょっと頂けないお料理でした。

バンコクで手軽にタイ料理・・・となると、化学調味料がかなり使われている。
食べた後でしばらく喉が渇くのでわかりやすいと思います。
辛いからではありませんよ、きっと。
この方は化学調味料が大嫌いなグルメの方なので、化学調味料抜きのタイ料理です。
それを考えるとすごい。

食事時はワインが出て来る、出て来る。

私は飲むのは好きだけど、そんなに量はいけません。
しかしながら何故か幸いに、お酒をごちそうになる機会が多くて。。。

酒豪の友人にはすかさず、「相変わらずどこへ行っても酒運いいよね」と言われましたが。。。

ちょっと、他にコメントないのぉ??? ですよ。

お酒で生きている人間の目線は違うのね。
2011年シアトル | コメント(0) | トラックバック(0)

IKEA

2011年11月06日
バンコク・サルサフィエスタも本日が最終日。
と言っても、昨年に引き続き不参加ですが。


さて、北は水が迫ってきている中、11月3日にオープンしたてのIKEAに行ってきました。
BTSが延長されてからバンナー方面への移動がめちゃくちゃ楽になりました。
しかも年内はオンヌットーベーリン間はフリーだとか。

IKEAへ行く場合はBTSでウドンスックという駅まで行き、5番出口から降りて行きます。
丁度階段の下あたりがIKEAのシャトルバス乗り場となっていました。
何にも目印はなかったんだけれど人が並んで待っていたし、そのすぐ目の前で飲み物を売っているお嬢さんの目の前に「IKEA」という小さなプレートが立てられていたので、それが目印何だろうね。

バスを待っていたら同行者が「タクシーで行きたい」と言いだした。
ところが、タクシー5台程に聞いてみても「場所が分からない」と断れてしまい、そうこうしている内にシャトルバスがやってきた。
BTSの駅からかなり離れたところにあったので、シャトルバス利用で正解。


やっと到着したと思ったら入場制限をしているらしく、入口に長蛇の列・・・
すごい。
洪水はどこへ行った???と思うほど普通の生活が目の前に!


バンコクの郊外に作られた店だけあってとにかく大きかった。
お値段もお手ごろで、買うつもりもなかったのにいくつか購入してしまった。


DSC03870.jpg
普通のバスと同じだけれど、横にはIKEAの大きく名前が入っていて、
「IKEA行き」となっているのでわかりやすい

DSC03872.jpg
入口も出口にも長蛇の列・・・

DSC03877.jpg

DSC03878.jpg
一通り回って外に出たら、もうとっぷり日が暮れていた


ちなみに、レジで会計をしても、袋などには入れてくれません。
今日は入場を待っている際にIKEAのリサイクルバックをただで配っていましたが、いつまでタダでくれるのかは不明。
もらってもサイズが小さいので、自分で用意をして行った方が無難だと思う。
大きいサイズのものは29バーツで売っていましたが。

DSC03881.jpg


私が買ったひとつ、フードキーパー大小17個で149バーツというもの。
本人はすごくお買い得だと思った。
DSC03883.jpg DSC03885.jpg
上手い具合に組み合わせてしまいこむ事が出来るようになっているので、閉まっておくのにも不便はないみたい。

我が家はコンドミニアムとかではなく木造の古い建物内なので、アリとの格闘が頻繁!
開けていないシリアルとか、高級品の日本のインスタントラーメン(笑)など、高いものを狙って集まってくるからムカつくの!
冷蔵不要のものでも、何でもかんでも安全な冷蔵庫に入れているから冷蔵庫が一杯で。。。
これならバッチリ蓋が出来るでしょう。




バンコク/タイランド | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |