03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

駆け足の里帰り

2012年04月24日
なんだか気が狂いそうなほど忙しい日々を送っております。

そんな中、毎年恒例ノソンクラーン(タイ正月なので、毎年恒例は当たり前)


たった5日の連休なの。


帰国時はただ、ただ、だらだらと過ごし、日ごろの疲れを癒した・・・

が、あわただしく帰ってきてすぐに気が狂いそうな仕事の山、あまり休暇の意味はなかったか?


それでも、今年は桜が遅咲きで、10年くらいぶりに桜にお目にかかることができました。

実家が千葉県なので、もちろんおいしい“いちご”にも遭遇。


  559451_10150683660148935_769808934_9332332_1979341607_n.jpg


  303479_10150683663138935_769808934_9332364_1624325679_n.jpg


  523722_10150683663993935_769808934_9332376_1546365327_n.jpg


ところで出発時
最近のバンコク国際空港(スワンナプーム)がすごい混雑で、「イミグレーションで3時間はかかるよ」と何度も念を押されたので、朝6時前のフライトなのに午前2:30にはうちを出発・・・

結果、いつも通り

おそらくフライトの時間の問題でしょう。


倒れんばかりの疲労状態、初めて空港内で寝場所を見つけて仮眠しました。

だって、24時間あいているはずのマッサージショップでも、従業員が爆睡してるんだもんね。

飲食店もほとんど空いていないし・・・

スポンサーサイト
つぶやき・日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2ヶ月もお別れ

2012年04月23日


セニョールピコのキューバンバンドが2か月間お休みです。

19ヶ月ぶりの里帰り


若いクバニータは「私には1か月で十分よ」と言っていますが、

パパとMi Hermanaは2か月でも足りぬと。


ああ、私も金曜日は難民になってしまう。

ただでさえ忙しすぎて、憩いの場が欲しいのに。。。


2か月間の間、小物パーカッションがうちにお泊りになるので、その間練習でもしようと思ってます。

Cuba ★ y Cubanos | コメント(0) | トラックバック(0)

歌詞から学ぶ異文化

2012年04月08日
「いい加減スペイン語を勉強せい!」

「何でこの環境でいまだにしゃべらないか??」


今年になって今更、本当に今更・・・連続して問われる、

「何故いまだに(私は)スペイン語が話せないか!?」の疑問。


答えは簡単、「覚える気がなく、勉強もしない」からなのだけれど。


確かに、みんなといる時は「言葉がわかったらもっと楽しいだろうな」と思うけれど、

言葉がわからなくても十分楽しませてもらっているし、妙に通じてしまうところもあって全く不便は感じていない。

これがいかん。


“せめて好きな歌の歌手名やタイトルを覚えよう・・・”

・・・これも、恐ろしくあきれた話で、長年サルサを踊っていて、好きな曲は一杯あって、
イントロ聞いただけで「あ、これ♪」と反応するほどなのに、いまだに知らん。


以前から気づいてはいたけれど、私のFBはスペイン語満載。

これを利用しないって手はないよなぁ~・・・と、勉強嫌い、感覚でものを覚えるタイプの私は考えた。


ということで、音楽のテイストがめちゃ合う人からもらったアーティスト名のリストを調べてみた。

あるよ、あるよ、「あー、この人の曲だったのね~」なんていうのが。


タイトルはスパニッシュなのでそのまま覚えようと思っても難しいものがある。

なので、ちゃんと意味を調べてみる。


結構ショックなくらいロマンチック、もしくはそれを通り過ぎているようなものが多くて(汗)

これがラテン文化!!


そんな事を、またまた今更実感している。


日本語の場合はきわどい言葉でもあまりダイレクトに、その言葉そのものを使用せずに言い方を変えていたりするじゃないですか、それがあちらの言葉じゃ直球なんだわね。


歌詞を翻訳するとイメージがぶっとぶか、ずれてしまいそうなので、
スペイン語はスペイン語としてイメージで記憶しておくことにしたほうがよさそうね。

スペイン語 | コメント(0) | トラックバック(0)

明るさが好き!カリビアン♪

2012年04月01日

どれだけ忙しかったら気が済むのだろう?というくらい忙しい毎日を送っています。

一日は24時間しかないけど、寝なきゃ体が持たないし。

幸い、土日が休みなので、どっちかに仕事しても1日は休める・・・と、前向きに考える。


Saber que se puede querer que se pueda

quitarse los miedos sacarlos afuera


Color Esperanza のサビの部分が頭の中をくるくる。。。

「やればできる、心配する必要はない」

そう自分に言い聞かせて。。。


先週の土曜日はラルエダの12周年記念

そんなになるんだな~・・・

まー、店は人で一杯で、全く中になんて入れる隙間もないくらいで、人酔いしちゃったくらい。

そんな状況で当然踊れるわけもなく・・・

それ以前に、

「過去のDJが集まって」という企画だったので、踊りたいという気持ちにもなれず、

ただ、ただ、疲れがこみ上げてきて・・・


早々と退散。


気分転換に部屋でYoutubeを開いて、好きなアーティストの音楽を流してみた。

あ~、心地よい♪


最近気づいたことだけれど、

私のテイストはやっぱり「カリビアン」

メレンゲの音楽はメキシコやコロンビアの曲の中にも好きな曲はあるけれど、

やっぱり大陸サルサはなんとなく「重い」


サルサに関しては、完全にカリビアン!!

  Cuba! Puerto rico!!


「踊る」という前提では、Marc Anthonyもそれほど好きではないのです。

Puerto ricanの場合、大きく分けて本国(島のほうね)とNYとあるではないですか。。。

MarcやHector Lavoeなんかは「都会のアーティスト」な感じで、なんとなく重い。


やっぱり「島」のアーティストの音楽に体が動くわけですよ。

何が違うか説明するのは困難、わかる人にはわかる・・・っていう感覚の話ですが。


飲んで酔っ払って、「走るように、飛び跳ねるように踊る」


これ最高!!

つぶやき・日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |