08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

かっこいいーーー

2012年09月30日

クラスメートと言ってももう昔々だけれど、
一緒にルエダを習っていたアメリカ人カップルがいる。


長身の美男と美女


性格もフレンドリーで。。。

と言っても旦那の方はかなりアメリカンで融通が利かないことがあるが、特別ということもないと思うし。


もともと陸軍の士官学校で知り合ったという。

で、一緒にファイナンス業界の道へ

で、一緒に会社を初めて、

一緒に恐ろしいほど働き、


当然、時期を見てパーッとバケイションなわけだけれど、


そのお休みの取り方も素晴らしい。


一緒にキリマンジャロ登山したり(しかもチャリンコ付)


今回はヒマラヤのツーリング!


バイクスーツでバイクにまたがった姿の旦那は映画俳優ばり、

そして奥さんも「かっこいい!!」としか言葉が出てこない。



昔々一度記事にアップしたことがあると思うが、そのカップルである。


旦那が細かいことを言ってちょっと空気が重くなった時に、奥さんが私に、
「でもね、彼は本当に真面目だし、誠実だしいい人なのよ」と小声でかばってみたり。
(私にとっても、旦那の方のこういったところは、ちょっとした笑い種程度なんですが)


旦那に踊りましょうと誘った時、
「ごめん、来たばかりでまだ踊ってないんだ。まずはうちのワイフからね」という感じで、いつも奥さんを尊重している。


私は何故か、外でばったり出くわすのは旦那の方が多くて、
ちょっとした会話の中に、いつも奥さんを気遣う言葉が含まれているような感じがする。


とにかく、素晴らしいの一言だわ。
スポンサーサイト
いろいろなこと | コメント(0) | トラックバック(0)

写真倶楽部♪

2012年09月24日
先日のハンガリーの男性はプロの写真家で、

もともと教師をやっていたところ趣味がお仕事になったという方。


彼の撮る人々はすごくいい!


ということで、バンドの写真も撮ってもらえるようお願いし、

ついでにこの“へっぽこパパラッチ”にカメラ云々を教えて頂いた。


彼は本当に気さくな人で、プロ仕様の彼のカメラをみんなに試用させてくれた。


デカいし重いし


私のニコンなんて、ベイビーキャメラ ってな感じで小さく見えるのなんの。


プロ用のカメラは本当に重い。


5分写していただけで腕が筋肉痛を感じるくらい。

「1回、どのくらいこれを持っているの?」と聞くと、

写すときは一日中。。。


すごいなぁ~


   camera.jpg
写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

どうなるのか?

2012年09月23日

政治を口にするのは好きではない。

けれど、最近のご近所さんの『反日』ってなんなんだろう。。。

私が日本人だからそう思うと言われればそうなんだろうけれど、

あまりに「理」が通らない言い分ばかり。

大きい方のお隣さんなんかでは、破壊して略奪? なにそれ??

「早く島を返さないと、こうだぞっ!!」と脅しをかけているのか?


子供が欲しいものを手に入れるまでどうしようもないダダをこねるのにカブってしまうのは、


私だけ?



そんな中、昨夜ラルエダ常連のお隣の国の女の子と雑談をした。

タイ人女子、彼女、私。。。

彼女はすごくインターナショナルで人懐こいタイプで、今まで一度もK国の人である印象を抱いたことがなかった。

正直、香港時代から私にとってK国の方はNG、近づきたくない人々なのだけれど、

彼女だけは不思議とK国であることを感じさせられたことがない。


「今さー、私たちの国喧嘩しててたいへんなのよね」

タイ人女子に対して、“私たち”が説明する。


K国の彼女は、「うちんとこでは、子供のころから歴史の事ばかり頭に詰め込むから。。。」

私「うん。そうみたい。昔は友達になれるのかと思っていたけど、みんなで集まるとどうしても戦時中の話になるのよね。日本じゃ歴史で戦争の事は学ぶけれど、最終的には“繰り返してはいけないこと”と念を押される」と。


ただ、付け加えて、
在日朝鮮人など、日本人に溶け込もうとしている人々まで差別を受けていることは事実なので、日本人みんなが彼らに礼を尽くしているとは言い切れないと思う。


でもね、「私はYumiに対してはな~んにも感じてないもん。他の誰かさんは別として」なんてことを言ってもらったのはうれしかった。

だって、私も彼女には全く何も感じていない。
彼女には「K国の人のここがいやだ」っていうのがまるでないんだもの。


いずれにしても。。。
政治家の方々、早く何とかしてほしい。

つぶやき・日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

マルチなダンサー

2012年09月23日
夕べも久しぶりにたくさん踊った。

と言っても、私の「たくさん」はそんなに多くはないのだけれど(苦笑)
でも楽しかった♪


ところで、

Youtubeで偶然、バンコクで活動するダンサーのラモーナ率いるダンスチームのアカウントにヒットして、ちょっと感動。(以前このブログでもちらりとご紹介しましたが)


しばらくぶりに彼女の活動を覗いたけれど、やっぱすごいなー。

彼女がアップした「Dance Queens」には本当に多種多様なダンスがアップされていて、どれも十分なステージレベルだと思う。



例えば見入ってしまったのは「ベリーダンス」

そもそも彼女はマルチダンサーなので、そのダンスばかりを練習しているわけではない。

お仕事に合わせて練習を入れているわけだけれど、忙しいからと言って練習ばかりしているわけでもない。

“その道を極めている人”からはケチも付くかもしれないけれど、見る側から言ってみれば

「もう十分素晴らしい」と思うくらいなので、

逆に、そのダンスを何年も練習している人にはうらやましすぎるタレントではないかしら?



興味のある方はご覧あれ↓

Dance Queens Belly dance
髪の毛の黒い方(白のドレス)がラモーナ。

私は付き合いが長いので、グループで踊っていてもどれが彼女なのか?動きですぐわかる。
本当によく体がよく動くのです。

サルサ以外のダンス | コメント(0) | トラックバック(0)

久々のキューバンサルセロ

2012年09月16日
La RuedaのオーナーPomちゃんの誕生日ともあり、

久しぶりにLa Ruedaに滞在の土曜日。


そして久しぶりに仲良しのソーシャルダンスインストラクターのMちゃんと再会し、さっそく一緒に踊った。

彼は本当にすごいと思う。

もちろん踊り方はボールルームなのだけれど、彼のリードでは体は勝手に「私ではない動き」をしてしまう。
例えば足運び。。。どう考えてもボールルーム。。。

私にはボールルームどころか、LAのシャインみたいな動きすらインプットされていないのに、
“そういう風にしか動けない”という状態になるのだ。


彼と踊ってから、


これまた久しぶりに会う日本人女子の友達が来ていたので彼女と雑談。。。

今夜はこれで終わるだろうと思っていたところ。。。


いつものサル友が「キューバンを踊る男性が一人いるよ」と言ってきた。

またいつもの思い込みじゃないの?? と疑いながらもその人のところに言って声をかけてみたら、

バチャータがかかっていたけれど「踊りましょう」と誘われ、バチャータを2曲も踊ってしまった。


そして肝心のサルサがかかり、

なんといいタイミングでキューバンの曲!


彼のリーディングはかなり嬉しいキューバンだった。


私が踊ったのを見た、やっぱり「いつもキューバンが踊りたい!!」フィリピーナが早速やってきて、
その後2曲くらい彼女が独占。
2曲目が12分くらいの長い曲だったので、その後踊りたいと言ってきた別の女性は踊ってもらえなかった。
たぶん、「ちょっと休ませて」ってな感じだったのでしょう。


出会い(笑)は閉店間近で、
上記のような状況でもあったため、

店が終わってから彼と雑談。

こういうタイプの相手とは大概音楽談となる。

彼はハンガリーから来たらしい。


ベルギーの行きつけのクラブもラルエダみたいに小さくて、いつも同じ面子。
雰囲気が似ているから違和感はなかったけれど、面子は当然初めての人ばかりなので楽しかったと。


ベルギーでも、踊る人はほとんどお酒は飲まないらしく、
これはいつも話題に上るが、「International Salseros' problem」のようだ。

サルサクラブが経営難になる世界共通の原因(笑)


「君はキューバに行ったことがあるんだ。どんな感じ?いいなぁー、僕も絶対一度は行きたいと思ってるんだ」というので、「あら、ヨーロッパからなら全然近いぢゃない?私はまずパリに飛んでからハバナに向かったのよ。倍の時間がかかるんだから。ヨーロッパからならバンコクに来るのと同じくらいじゃないの?」というと、


そうか?! と気づいた感じで


遠い、遠い、と思い込んでいたけれど、考えてみればそうだよね。。。と。


今回彼は仕事でバンコクに来ているわけなので、その辺はあまり意識していなかったようです。


サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)

またまた手を出してしましました。

2012年09月10日


先月、ご乱心x 炭素ガスレーザー乱射の、ゆで卵肌の先生が気に入ったというか。。。

とうとうレーザーの王道、フラクセルファインレーザーというものに手を出してしまった。

日本ではいろんな呼び方があるようだけれど、要は改良版フラクセルレーザーの事。


事前情報収集では「痛い」という意見が多くみられ、ちょっと緊張したのだけれど。


10年近く前に何種類かのレーザー治療を経験済みだからか?


いざ始まってみたら「え?始まってるの??」と拍子抜けしそうなくらい無痛。


終わった後も、炭素ガスレーザーではゾンビと化したが、


     海行ってきました~♪


程度の、まあ日焼け後の顔って感じで、

本当に何か変わるのかしら?という印象。


2日後には赤味もすっかり抜け、普通に会社でお仕事。

ちょっと表面がざらつくかしら?という現状です。


フラクセルレーザーを選んだ理由としては、

このレーザーは多目的治療だってことで。。。

私が一番何とかしたいのは「脂質」だと言われているTゾーンに増えつつあるボコボコ。

ニキビでもニキビ跡でもなく、

いつからか自分でも全く記憶のないうちに広がっていた

謎のもの。



うーーーーん


月一の間隔で少なくとも4回はやった方がよいとも言われたし、

今まだプロモーション中だし、


どうするかなぁ。。。


全然お金がたまりません。トホホ


美容×健康 | コメント(0) | トラックバック(0)

Celiaの曲

2012年09月04日
サルサの女王!Celia Cruz!!

そうは呼ばれているものの(もう亡くなられましたが)

彼女の曲でサルサが踊れる曲はあまりないような気がします。


私だけなのかなぁ。

例えば有名な曲

La Negra Tiene Tumbao とか

La vida es un carnaval とか

Quimbara とか

Oye como va とか


サルサクラブでよく耳にする曲は違うような気がするのよね。

しかし、みんな「サルサ」を踊っている。


とは言え、

Que le den Candela とか

Gloria Estefan と一緒に歌っている Tres gotas de agua bendita なんかは逆に大好きで、


 体が動くぅー!!!


Une dos tres tres gotas de agua bendita~~


MUSICA ♪ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。