07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Windows Phone なるもの

2013年08月25日


Windows Phone なるものを買ってしまった。


私は携帯電話などのハイテク機械には全く興味がなく、携帯電話などは電話とSMSと目覚まし(笑)が使用できればそれで100%満足という感じなので、アンティークと呼ばれるMY携帯電話機もお気に入りだし、


どれだけ「今時そんなものを?!」と言われようが驚かれようが、

使用できる限りそれでよかった。


しかし、世の中は放っておいてくれなかったのであります。


回線やらの問題で、私の愛する電話機が付いていけなくなり、

まだちゃんと使えるのだけれど。。。後ろ髪ひかれながら新しい機械購入へ。


そもそも、恐ろしいくらい沢山種類がある中から1つ選べ。。。という決断が面倒くさくて、この種の買い物は延ばし延ばしにしてしまうわけなのです。


今回は、

携帯電話の売り場に行き、シャープとソニーとノキアの辺りをうろついた。


販売員のお姉さんと目があった。

ちょうどノキアの棚だった。

お姉さんに聞いた。「おすすめはどれ?」


この流れで、


お姉さんの勧めてくれた「新入荷で、プロモーション中」という、


Nokia Lumia 625 という機種を素直に購入したという、店からしたら素直でよいお客さんです。


後で考えたら、

MYスマホ初体験で、未だいきなり使用人口の少ないWindows Phoneというのはちょっと無謀だったかなという気もしないではない。
何しろ、教えてもらえる相手がいない!!

 Nokia 625

オレンジも黄色もかわいかったが、無難に黒にしたら逆に汚れが目立つ。

日本未発売なので、日本語の情報は希少。。。


スポンサーサイト
いろいろなこと | コメント(0) | トラックバック(0)

La Rueda Anniversary 終了

2013年08月18日

昨夜は、実に楽しい夜だった。

Mi Hermana達が去ってから、正直、ダンスでもライブでも心底楽しめる機会がなかったから。。。


確かにLa Ruedaは狭くて、音響を整えるのが難しい。

だけど、

本物のミュージシャン(魂の人)の音楽で踊れるのは最高!


狭いし、バンドの前には踊らずに見ている観客も多かったし、


当然ペアダンスなどは踊れない。


キューバのコンサート式、ディスコ式(笑)


ところで、

実はバンドの横でちょっとした摩擦が起こってしまったのだ。


私はあまりその人を知らないのだけれど、

他のイベントでバンドと一緒に歌ったりパーカッション叩いたりしている人がいて、その人が“Myマラカス”“Myクラーベ”“Myカウベル”を持参してやって、自分のカバンを無理やりフルートのクバニータの横に置いていた。


そして、案の定1曲目から自分のものでないグィロを鳴らし始めた。


一曲目はStand by Meのバチャータバージョンで、彼はグィロを自己アレンジでカウベルを叩くようにしていた。


私は隣にいるフルートのクバニータの顔を見ていて「あ、これはまずい」と思い、

勇気を出して彼に言ってみた。

「すみません、止めてもらえますか?」

すると彼はちょっとムッとした感じで、「Pomがやってくれと言った」と続けるので、

「いえ、バンドの人に音が聞こえないようなので」と説明してみたけれど、

彼は更に憤慨したように後ろにいたPomに文句を言っていたので、

私はジェスチャーで「ではどうぞ」と。。。



彼は機嫌よくそのまま、何曲かでいくつかの鳴り物を叩き続け、

「Llora Si Te Duele」を演奏した時には実に迷惑なカウベルを叩いた。

私はマラカスを組み合わせてシェイカーにして鳴らしていたのだけれど、ちゃんとクバノスの「顔色チェック」をしてから続けましたよ。

クバノの顔には。。。「カウベル止めてくれ」サインが読みとれた(苦笑)


そして同じようにその音を不快に思っただろう、我友クバニータが改めて彼に喝を入れた。

しかもキツイ言い方で(苦笑)

さすがに、彼はすぐさま鳴り物を置いて、店の外へ出て行ってしまったようだ。



私的には、彼が上手いとかそうでないとかは問題じゃない。

バンドの彼らを知らないのなら、素人が適当なパーカッションを叩くのはほぼ邪魔になるだけ。

例えば Llora si te Dule にカウベル音を入れるなんていうことは、事前に打ち合わせがなければ「ない」話だろうと思う。


私もマラカス参加したけれど、それは事前に彼らから言われたこと。

彼らとの付き合いは2年以上にもなるし、彼らと一緒に演奏していたMi Hermanaとパパとは4年を超える付き合いだった。演奏のタイミングや間もある程度理解しているし、何より彼らの顔を見れば、それがNGだとかOKだとかのサインも読める。

私は“彼らの顔サイン”チェックを必ずしています。


特に今回は、1度だけ彼らの練習にも参加していた。


それでも本番で、

ミキサーの調整不具合か? 途中で音がズレてしまうハプニングがあって、

「修正が上手くいったかな?」程度で流して同じペースでマラカス鳴らしていたら、

となりのクバニータから「ちょっとストップして」との指示が入った。



後で彼らが、かなり遠慮しながら説明してくれた。

「あの時、ピアノとの間に速度のギャップができちゃって、マラカスが早くなってしまったから音が修正できなくなった。だから合うまでの間ストップをかけたんだ」と。


私の気分を害するつもりはないんだ。。。と酔っ払い(笑)はくどいくらいに言っていたけれど、私が気分を害する理由はない。ちゃんと指示してくれたんだもの。

私は親しくしているから、彼らも指示もだせるし率直に話もできるのだと思う。


長くなったけど、

気分概して店の外に出て行った彼、

あなたのためにバンドが演奏してくれているのなら、あなた自身が楽しんで何が悪い。

けれど、

あなたもわたしも、バンドのメンバーじゃないんですよ。



サルサ ♪ Salsa | コメント(3) | トラックバック(0)

La Rueda Anniversary

2013年08月15日

8月17日土曜日

La Rueda の Anniversaryパーティーです。


最近、ずーーーーーーとご無沙汰でしたが、ここ数週間土曜日に出没し、


相変わらず踊る感じではないけれど、雰囲気を楽しみながら飲む。


とにかく、飲んで話が盛り上がる友達がいれば、そこにいる。。。そんな感じ。


今日、やっと宣伝が解禁になったので、ここでもパーティーの一部ご案内。


事情あって午前12時を回ってからになりますが、ライブバンド出ます!!


正直直球で言ってしまえば、私はこれだけが楽しみです♪


   ラルエダバンド

サルサ ♪ Salsa | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |