10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大空へダイブ! タイでSky diving

2014年11月15日

あこがれだったSky Diving、とうとう体験しました。

知り合いから「ちょうど人数が一人増えれば料金が安くなるっていうグループがあるんだけど」というお誘いがあり、間を入れずに手をあげました。

場所はバンコクから車で1.5~2時間くらいの場所、シラチャー。

合流させて頂いたグループの日本人男性方からは「怖くないの?女性は強いね」と引き気味でしたが。。。

私は本当にうれしくてうれしくて!!
早く順番がこないか待ち遠しかったくらいです。

スタッフのほとんどが欧米人で、私のお世話をしてくれたのはスウェーデン人の女性でした。
一見つめたそうな印象だったけど空ではすごく優しくて、降りて来る間にいろいろお喋りしました。

セスナから飛び降りてみると「落ちる」という感覚は全くなく、まさに「飛んでいる」感覚。

大きなパラシュートが開くときにものすごい力で上に引きづりあげられる感じがあって、
それを過ぎるとただひたすらゆっくり降りてくるのです。

雲の中を通過するときはひんやり冷たくて。。。別世界にいるようでした。

彼女の話では「今日は特別風が強い」という事だったけれど、
降りてくる時はまるで空に立っているみたいだった。

「あら、あなたはちゃんと風景を楽しむことが出来るのね」と言うと、「もう少し楽にしてあげる」と言ってきつく止められていた胸のベルトを外してくれた。

「この方が空でゆっくり呼吸が出来てリラックスできるでしょう?」


地上に近づくにつれて降下速度が速くなり、
地上までまだだいぶありそうなところで「降りる時の注意、覚えてる?」と聞かれた。

そう、ぶら下がっている人間は怪我と邪魔をしないよう、両足を上げる。

『これ、腹筋弱い人上がるのかな?』 なんて考えてるまもなく地上に到着!

2人でおしり着地を果たしましたが、パラシュートが風で流されて2人で寝ころび、思わず「笑」


空の上は、本当に夢の中にいるみたいでした。
最初は怖がっていた人達でも、終わると「すごく良かった!」と言う人は少なくないみたい。

ほんと、よかったですよ。

Thai Sky


Sky1


Sky2


Sky3



  Thai Sky Adventures

以前はパタヤにあったらしいけれど、今はシラチャーに移動しています。
日本人お世話役もいるので、タイでスカイダイブを経験したいって方は是非、お勧めします♪

追記:体重制限は95㎏だそうです。
この日、大柄な男性がいて、その場で体重測定をさせられて。。。95.5㎏!
「500gくらいなら服を全部脱ごうか?」と言ったらOKがでた(笑)


スポンサーサイト
いろいろなこと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。