08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

パリ出発、ハバナに到着

2017年05月07日
親切なパリのホテルのレセプションの方にお別れを言ってからRERに乗って空港へ。
エールフランスはターミナル2を利用しますが、2009年の頃よりかなり広く、きれいになっていました。

フライトの遅延のおかげで思った以上にパリを満喫。
ですが、いざ空港で出発を待っているとハバナに到着した時の心配が出てきました。

到着が午前0時くらい
ハバナの空港で荷物が出てくるまで異常に時間がかかる
カーサのオーナーに頼んだ出迎えはいるだろうか?
会えなかったらどうやってオーナーと連絡を取ったらいいの??

キューバだとインターネットが使えない。
オーナーの電話番号を知っていても何処から電話をかけたらいいのか??


パリを出発して10時間弱でハバナに到着しました。
(大幅な遅延のせいか所要時間は短かった)

散々待って無事に荷物を受け取り、空港ロビーに出てお迎えらしき人を探してみるも見つからず。
やはり待っていてはくれなかった。

心配していた事が現実になってしまった。
さて、どうしよう・・・

外に出るとレンタカーのカウンターに係りの人がたくさんいたので相談してみたところ、その中の一人が自分の携帯でオーナーに電話をしてくれました。

「これは私の個人の携帯電話ですから」とアピールをしながらオーナーに電話をしてくれて、「オーナーはタクシーで来て下さいと言っています。私がタクシーに言ってあげましょう。住所もわかっていますから説明しましょう」

とっても親切にしてくれました。

もちろん、わかっておりますよ。
キューバではお約束。
親切にしてくれた方にはチップは不可欠ですね。
「私の携帯です」というアピールはそういう事です。

キューバでは親切なサービスに対してハッキリとチップを要求される事がよくあります。
ハッキリ言われなくても遠まわしにほのめかされたりします。

それでも「ぼったくりだらけのバンコク」にいると、
こういう人達の方が精神衛生上良い感じがしてしまうんですよねぇ。

事実、
その方のおかげでタクシーの列に並ばずに、無事に予約してたカーサに着いたわけで、その方の電話のおかげでオーナーも私たちを待っていてくれたわけですから、心底感謝です。

タクシー代は最初60CUCと言われましたが、オーナーから30CUC位が相場と聞いていていたので、深夜という事を考慮して40CUCにて商談成立となりました。

パリで楽しみすぎて既に浦島太郎気分だった私たち、やっと目的地に到着しました。

Cuban beer 
宿に到着してから早速、キューバンビアで一息



スポンサーサイト
2017キューバ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。